総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

公開日: : 学生たちの就職活動

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではないか?と思いますけど、大きな企業ということで、学生からは人気なのです。この総合商社は評判を必ず調べてから受けた方が良いと思います。受かるのも難しいですが、仮に内定を貰って働き始めたら、本当に大変な毎日だと思いますから。安定している総合商社は年収も高いケースが多く、そこは勝ち組と言える面もあるわけですけど、そういった良いところだけではなくて、総合商社のいろいろな角度からの口コミを見て、総合商社の激務ぶりを知っておいた方が良いです。大企業はどこも忙しいですけど、総合商社も例外ではないのです。総合商社はかなり激務と評判ですが、どういったところにそれを見出せるのか?というのは気になるかもしれません。普段の仕事も当然忙しいとは思いますけど、それだけではないのです。意外なところにも忙しい部分があるので知っておきましょう。それは会社での飲み会などです。

 

総合商社で飲み会が頻繁に行われている理由

総合商社は飲み会の開催頻度が高いという傾向があるようです。普段の業務以外で忙しい要素があるというのはどうなんだ?という気もしてきますが、これは知っておかないといけませんね。「商社マンの激務な実態と理由。メーカー営業からみると商社業界はとんでもなく激務だった!」にはその実態が書かれています。これを見ると商社で仕事をしている人がいかに大変か?分かってくるかもしれません。

「平日はほぼ毎日飲みだから、家に帰っても夕食用意されてないんですよ~。」

というのを自慢気に語る商社マンが非常に多いです。家族と夕食も共にできない働き方ってどうなの?って思いますが、本人がそれで満足しているのなら否定はしません。

ちなみに商社マンが飲み会の多い理由は以下の3つです。

①飲みニュケーションで人間関係を構築

▼商社はヒト意外は何も持たないので、当然、全ての商社マンが人間力で勝負することになります。人間関係の手っ取り早い構築の仕方は、飲み会を開くこと。これは日本のビジネスシーンでは常識です。それが嫌だと言う人は商社マン営業になる資格がありません。

②メーカーと顧客のどちらにも接待が必要

▼商社マンはサプライヤーであるメーカーに嫌われても仕事がなくなるし、顧客から嫌われたら当然、もっと仕事がなくなります。従って両方に頭を下げておく必要があります。

③人脈の維持と拡大

▼たとえ現時点で商売の無い相手でも、人付き合いを大事にするのが優秀な商社マン。いろんなヒトを知っているというのが商社マンのノウハウですので、自分の体と予算の許す限り夜の予定は必ず埋めておきます。

総合商社はとにかく忙しいということが言えるのですが、その理由は上記のように飲み会をよくやるというのが1つあります。そして、どうして飲み会をよくあるのか?というのは、上記のように考察しています。総合商社の評判について調べてみると仕事として、接待での飲み会というのも多いみたいですが、プライベートでの飲み会もまあまああるみたいですよ。総合商社の評判についてはすでに書かれているように、こういった業界は人脈やコネがある程度ものを言うので、それを構築するために何だってやるという意識なのかもしれません。だからこそ接待という名の飲み会を開いて、それに徹するときが多くなるということなのでしょう。総合商社が忙しい理由は飲み会だけではないです。本業でもかなり忙しい毎日です。そもそも総合商社の仕事内容はどんなものか?というと分かりやすく言うと規模の大きな営業ですかね?全員がそういう業務に従事しているわけではないですけど、そういった仕事内容の人が多いです。通常、営業というと国内のみとなりますが、総合商社の仕事内容では世界各国になります。あらゆる業界で使用する原材料などを調達したりするのがメインかな?と思いますが、そういった仕事内容を国内のみならず、海外でも行うのが彼らの業務です。現地の人と交渉したりすることになると思いますが、総合商社の仕事内容はというと営業活動という言い方になるかな?と思います。さらに高度な営業でしょう。

 

現在では総合商社の仕事内容は拡大してきていて、そういったもの以外にもある場合もあります。ある意味、限界がないというか、やることが特に多いのが特徴です。それが総合商社が激務であるという理由にもなります。世界中を飛び回っていますから。その代わり、総合商社は年収はかなり高いと思いますから、そこで照合商社は評判も良くて釣り合いがとれているんでしょうけど、とにかく激務というのは全ての企業に共通するのではないでしょうか?世界各国のビジネスマン相手に営業活動をするというのは、無茶苦茶難しいです。日本人相手だって営業をするのは大変に感じている人は多くいると思うんですけど、日本語が通じない相手となると本当に難しいため、誰でも務まる仕事ではないでしょう。英語を始めとして外国語が話せないと厳しいですし、最低でも英語はできないと厳しいでしょう。世界共通語は最低限ネイティブ並に喋れないと総合商社はきついと思います。日常会話ではダメだと思います。商談をするわけですから。ビジネス英会話という領域にはいるかもしれないですけど、総合商社は英語ができない人は問題外になると思います。場合によっては英語だけじゃ足りないケースもあるでしょうから、語学に堪能な人は有利でしょうし、入ってからも重用される可能性もあります。

 

総合商社のやりがいや楽しいところは?

総合商社はとにかく忙しいことばかりが言われている面もあるかもしれませんけど、楽しいところもあるはずです。そんな総合商社のやりがいに関して「就活生なら知っておくべき総合商社の魅力|トップ商社マンにインタビュー」のサイトでインタビューが載っています。

 

―商社ならではの良さはどこだと思われますか?
◆まず仕事面での良さは、人と人を繋ぎ合わせてネットワークから価値を創出する面白さがあること。

例えば、単独では競合関係にある日本のA社と韓国のB社ってメーカーがあるのですが、両者のプライドが非常に高く2社だけでは絶対に商売は成立しなかったはずなのですが、商社が間に入ったことで、今1,000億円規模の物流ビジネスに育っています。

商社が間に入り知恵を絞って様々な価値を提供していくことで、これまで生まれなかったはずの事業が生まれる、という点が魅力だと思います。

(中略)

―実際に入ってみて御社で良かった点はどこですか?
◆入社前は商社の仕事は皆でワイワイできて、感覚的に楽しいだろうってイメージがあったのですが、それは全く違って何よりも事実関係や論理を元に仕事を積み上げていく点が良くも悪くも重要だと感じました。

数億・数百億規模の予算を仕事で扱うとなると、プレッシャーも大きい。だけど常に頭を使う楽しさ、仕組みや契約をつくるやりがいはある。

その中には苦しみもあるけど、本当の自信がついたと実感できると思います。

最初の2~3年は仕事を覚えるのに精いっぱいですが、5~6年経って仕事の全体像が見えてくると、面白くて達成感を感じられるようになると思います。

総合商社は人と人とをつなげて、世界的なネットワークにしていく。それによってマーケットを大きくして、利益も大きくしていくといった点が特徴的で、やはり扱う金額が桁外れという点も見逃せません。そこは他の業界とは明らかに違う部分であり、魅力や責任感も大きくなりますが、総合商社のやりがいの1つと言えそうです。そういう大きな仕事に携われるというのは、他の業界や企業ではまずありえないことですから、本当に素晴らしい部分と言えると思います。具体的な総合商社での仕事内容はそれぞれで違ってくると思いますし、後は職種次第のところもありますけど、世界中を股にかけた仕事ができるのは総合商社のやりがいの1つとして大きな要素になっていると思います。でも、その分プレッシャーも大きいですし、大変と感じることも多くあると思います。それを乗り越えられる喜びというか、そういった部分は他の業界では感じられないものでしょう。

 

総合商社はとにかく激務というのは世界中を飛び回る可能性があることもそうだし、先に書いた飲み会が頻繁にあるということもそうですし、そういった評判があるので知っておきましょう。生半可な覚悟では務まらない仕事内容になると思います。総合商社の評判はあらかじめ確認をしておいてほしいですが、こういった会社は入りたくても入れない人も多いです。大企業なので、そりゃ競争率も半端内ですから。総合商社は英語ができないと厳しいというのはあります。外国語が堪能であるのは大前提と言えるでしょう。今の時代、忙しくない業界とかはほとんどないでしょうから、そこは商社か?どうかは関係ない部分もありますけど、総合商社は本当にきつい毎日だと思います。その見返りがまだあるという意味ではマシだとは思いますけどね。ただ忙しいだけで給料や年収が安い企業なんて山ほどあるでしょうから。ちゃんと忙しさに合った見返りがあるだけでも良いところになるかもしれないですね。忙しいっていうのは総合商社のみならずサラリーマン冥利かもしれないですし、そこがやりがいと感じられる部分もあるかもしれません。何をやりがいと感じるか?は人それぞれですし、難しい部分でもあると思います。総合商社のやりがいは一言で言えば、他の企業では味わえない、体験できない環境に身を置いて、最高峰の緊張感プレッシャーを体感しながら、非常に多くのお金を動かせる点などでしょうか。それ以外にもあるんでしょうけど、そういったところが多くに共通するポイントかな?と思います。事前に総合商社の口コミなどはちゃんと調べたうえで応募してほしいなと思いますが、どの企業で働くか?どの業界で働くか?というのは、人生を左右することになりますから、いろいろな候補を挙げたうえでどこを選ぶか?考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

公務員と民間の就活の両立は可能?迷う人は併願、掛け持ちするリスクはあるのか?

民間企業を受ける人はいろいろな企業を受けて、リスクを分散するということもあると思うのですが、

記事を読む

アナウンサーになるには有利な大学や学部は関係ある?アナウンサーになりやすい出身大学なんてない!?

アナウンサーになりたい場合には大学名は必要なのでしょうか?どの大学が有利とかあるのでしょうか

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

食品業界、メーカーの就職は安定性や評判が高いが難易度や倍率もヤバイ

就職活動をするにあたって、どの業界を志望するか?というのは、極めて大きな要素です。1つに絞ら

記事を読む

内定承諾書の提出前、提出後ともに内定辞退は可能です

内定を複数手に入れて浮かれている人もいると思います。内定が貰えないよりはもらえたほうが良いで

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

内定辞退で後輩への迷惑等の脅し、脅迫なんて気にする必要ない

内定辞退をすると、企業もそうだが、大学や後輩などにも迷惑がかかると言われることもあります。そ

記事を読む

就活でOB訪問しないと不利になる?意味はあるのか?

就職活動を進めていくと、いずれOB、OG訪問をする時期がやってくると思います。OB、OG訪問

記事を読む

マスコミ業界、広告代理店の就職の志望動機や自己PRの考え方、書き方の例

マスコミ業界を受けるという就活生も多くいると思います。そういった方々は当然志望動機を練らない

記事を読む

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところかもしれません。化粧品会社は大手

記事を読む

明治学院と國學院はどっちが上?偏差値やレベルを文学部、法学部、経済学部で比較!雰囲気や就職の違いはある?

明治学院大学と國學院大學はどっちが上となるでしょうか?明治学院

松蔭大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインの情報

神奈川県にある松陰大学というのは知名度はそこまでないかもしれま

化粧品会社への就職の難易度や倍率は?激務や忙しい評判は多い?

化粧品会社への就職を考えている人はその難易度は気になるところか

東京成徳大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京成徳大学というのは知名度はそこまではないと思いますけど、子

愛知東邦大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインについて

愛知東邦大学というのは愛知県内ではそれなりに知名度があって、人

→もっと見る

PAGE TOP ↑