短大は就職に有利?不利?就職率は高い?就活を始める時期はいつから?

公開日: : その他の話題

短大は就職に有利?不利?就職率は高い?就活を始める時期はいつから?3dabb7f52c6bafc1bfb7ace4543efa8f_s

短期大学は就職活動を早く始めないといけないなど、問題点というか、デメリットもあると思うんですけど、短期大学は就職に有利なのでしょうか?不利なのでしょうか?これは非常に気になるところだと思います。短期大学が就職に有利ならば、四年制大学と比べても短期大学に通う必要性があるということになりますから。短期大学の就職は強いといえば強いと思います。短大の就職率を調べてもらえれば分かりますけど、これが四年制大学よりも高い場合があります。それと短大は卒業までの期間が短いことが、就職に有利に働くことがあるのです。短期大学は就職に強い場合もありますが、これはケースバイケースで大学による場合もあるのです。でも、全体の傾向では四年制大学よりも短大の方が就職率が良いというデータがあったと思います。これは短大ならではの事情も含まれている気がします。短大ならではの事情って何か?っていうと、短大に進学する人は女子が多いんです。短大自体に女子大が多いというのもありますけどね。それも就職に関係していると思うのです。

 

短大が就職に有利になる理由は女子の多さ?

これは因果関係を説明するのが難しいですけど、女子の方が一般的に近年は就職内定率が高いと言われています。これは四年制大学を含めてです。で、四年制大学って男子学生と女子学生は半々に近いと思いますけど、短大は女子学生の方が多いんじゃないですかね?四年制大学にも女子大はありますが、短大はさらに女子大が多い印象ですし、共学の短大も女子の方が進学率が高い気もするのです。そうなると、短大に占める女子学生の割合が高いとなれば、就職内定率が元々高いというデータがある女子が多く占めているわけだから、短大の方が就職率が高くても頷けるよね。という話になるのです。でも、何で女子の方が就職に有利なのか?ていうのは謎ですよね。女子の方が優秀だから?そんな単純なことではない気がします。そもそも筆記試験みたいに客観的な点数を決めるわけではないので、優秀か?優秀じゃないか?の結論はそう簡単には出ないでしょう。一般的に言われているのは、企業で人事をやっている人、面接官をやっている人が男だから、女子に甘くなるということですけど、これもどこまで本当か?は分かりません。

 

短大の方が専門技術を持っていると評価されることもある

短大で学ぶ内容はより専門的で、より実践的な学習ができるため、その点が企業から評価されることがあるのです。短大は四年制大学と比べて専門的な治験と技術が実につきやすい教育を行っているため、それが入社後も生きると思える企業を受けると、内定率が上がる可能性があるのです。また、短大のそういった特性を考慮して、企業の方から短大に求人を多く寄せて、たくさんの学生をよこしてもらおうと、より即戦力に近い、優秀な技能を持った学生を欲しいという思惑があると考えられます。こういう点が短大が就職に強い理由の1つになると思います。短大が就職に不利になることがあるとすれば、一流大学じゃないとなかなか入れない、学歴による選別が著しい一流企業に入りたいようなケースではないでしょうか?大企業は短大からの採用は厳しい場合もあります。中小企業以下になると、四年制大学よりも短大の方が就職率高いと思いますけど、大企業への就職となると話は別かもしれません。

 

就職が早い分、女子の退職が遅くなるという利点も

これは四年制大学の学生と比べて、2年入社するのが早いので、短大の女子学生は2年分結婚や出産などで退職するまでの時間が長いです。平均して2年くらいにはなるでしょう。その時間があるっていうのは企業にとって大きいのでしょうね。女子学生を採用するときのリスクになる部分でもあるので、そのリスクが少ないという意味では、四年制大学よりも短大を雇う方がメリットがあるということになります。したがって、短大の就職が有利な理由の1つになると思いますけど、卒業が早く、2年分早く入社できる点が短期大学が就職に強い部分になるのです。短期大学の学生が就職に強い理由を話してきましたが、今まで話してきたのはほとんど女子学生の場合であり、男子学生にはあまり当てはまりません。したがって、男子学生は短大の方が就職が不利になる可能性も否定できないのですが、先ほど話したような、四年制大学よりも身につく技能の面に関しては、女子学生同様なので、業界や企業をきちんと選べれば、内定の確率は上がる可能性があります。短期大学は就職には強いが、男子、女子の別で事情がちょっと異なる面があるということになります。

 

短期大学の学生は就職活動はいつから行うべき?

短大の学生はこういった問題を抱えていますね。四年制大学の就職活動を始める時期というのは、相場が決まっていますが、短大はどうなのでしょうか?すでに話したように1年生から始めている人も多くいます。四年制大学は4年生の春休みが一応スタート時期の相場ですから、短大の場合には2年生になる前の春休みが同じ時期にあたります。短大は就職活動はいつから始めるべきなのか?という時期はそのあたりが1つ相場になるかもしれませんね。だから、1年生から始めないといけないわけではないですが、1年生から始めている人もいるということです。就職活動を始める時期に正解はないですけど、遅すぎなければとりあえず良いかな?とは思うんですよね。早すぎてもあまり意味はないかもしれないけど、遅すぎるよりはマシだと思います。短大で就職活動を始める時期はいつから?というのは、2年生の前の春休みあたりが本格化する時期であり、その前に準備を進められれば良いのではないでしょうか?短期大学の就職活動はいつからやっても良いんですけど、遅すぎない時期に始めてほしいですし、遅くても2年生の年度が始まる頃には始めた方が良いかな?とは思いますが、それぞれで考えがあるならば、それでも構わないと思います。就職活動は早く始めれば内定が出やすくなるとも言い難いので、始める時期は難しいですけどね。短大の学生が就活をいつから始めるか?っていうのは、恐らく全員が抱えている問題でしょう。本当に忙しい毎日で、入学後間もなく就職活動をしないといけないとなれば、本当に学生生活を謳歌している余裕もないかもしれないです。短大の学生の就活はちょっと難しいので、自分なりに考えて答えを出さないといけない部分もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

社会人の腕時計の選び方は何色?値段の相場や平均、おすすめブランドは?

社会人になると、身だしなみと称して、身につけないといけないアイテムが非常に多くなります。大学

記事を読む

MARCHのセンター利用は何割必要?得点率やボーダーは?

マーチは結構憧れている方も多いので、センター試験で合格したいと考えている方も多いのではないで

記事を読む

行きたくない!嫌いな飲み会でスムーズな断り方、欠席の理由

会社などで行われる飲み会をどうしても欠席したいと思う方は多いです。その理由は簡単ですが、なか

記事を読む

一橋大学の難易度とセンターの足きりぼボーダーは何割?受かりやすい学部はある?

東京の国立大学というと東京大学、東京工業大学、そして一橋大学の3つがあります。一橋大学は、東

記事を読む

大阪経済大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や就職支援、就職実績はどうか?

大阪経済大学というのはキャンパスはどういった場所にあるのか?といった情報は前もって調べておい

記事を読む

筑波大学と早慶や上智大学はどっちが上?どっちがいい?文系と理系でも違いがある?

筑波大学は関東圏の有名な国立大学です。東京にはないものの、全国的に知名度がある大学です。非常

記事を読む

教師の部活の顧問はブラックすぎる?休みなしで負担も重く拒否もしづらい

教師への部活の負担が重すぎると話題になっていますが、本当に教師っていうのは大変な職業というか

記事を読む

慶應義塾大学の学部のランキングや序列は?偏差値やレベルや就職で順位づけしてみた

慶應義塾大学の文系の学部はいくつかあるわけですが、それらを偏差値や難易度でランキングをしたら

記事を読む

女子大の出身者は結婚できない?結婚率が下がるのは結婚相手を選びすぎるパターン

女子大に進学すると、いろいろなメリット、デメリットがあると思いますが、実は女性ならば多くが気

記事を読む

立命館大学の難易度では偏差値60が目安!受かりやすい学部は産業社会学部?

関西の大学の中ではトップクラスの偏差値を誇っているのが立命館大学です。こちらは関西の特に私立

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑