面接官が無表情や無反応だったり、声が小さいせいで聞き取れないと本当に困る

公開日: : 最終更新日:2017/03/28 学生たちの就職活動

面接官が無表情や無反応だったり、声が小さいせいで聞き取れないと本当に困る873c3a648e7f55b31820e0c1832c89be_s

就職活動をしているとき、公務員試験を受けているときの面接官はいろいろなタイプの人がいます。中には無表情の人もいるんですよね。表情豊かな人の方がやりやすいっていうのはあるんじゃないか?と思うんですけど、一方で面接官が無表情だと手応えがないですよね。こちらが話したことが面接官にちゃんと伝わっているのか?そもそも話を聞いているのか?すらもちょっと判断できないような、そういう面接官もいるわけですからね。そういった態度をとられると、面接を受ける側としても、ちょっと心配になってくる面はあると思います。面接官の中には無表情で、淡々と事務処理のごとく質問をして、回答を聞いているという人もいますけど、これは面接官の性格であり、他の人のときにも同様な感じでやっているのではないでしょうか?だから、自分だけそういう態度で面接をしているとは思わない方が良いと思います。でも、そういう面接官の中にはさらにレアな面接官も混じっているのではないか?と思います。

 

声が小さくて聞き取れない面接官がたまにいる

面接官の中には無表情で面接を進めていく人がいるということを言いましたが、なんとなく面接官の人が暗い印象を持つときがあります。「何かこの人暗いな」という面接官がたまにいると思うのです。そういう人の中にはボソボソと喋って声が聞き取りにくい面接官が存在しているのです。面接官の声が小さいので、聞き取りづらいというケースがあると思うのですが、これはまた困りますよ。面接官の機嫌が元々よくなさそうな雰囲気のときに、「あの、ちょっと聞き取りづらかったんですけど・・・?」なんて言ったら、どう思われるか?分かりません。そういうことを想像すると、面接官の声が聞き取りづらいとしても、なかなか聞き返すのにも勇気いります。こういうときって本当にどうしたら良いか?迷いますよね。聞き取りづらかったときにそのままの状態で答えると、質問を勘違いしていて回答することになる可能性もありますから、聞き取りづらかったとしても、そのまま答えるというのもリスクがあると思います。では、この場合どうすれば良いのでしょうか?

 

面接官の声が小さい場合には質問が聞き取れないことがありますが、これは聞き直した方が良いです。いい加減なままにしておかない、きちんと確認を怠らない人という印象も与えられるかもしれません。それに面接官の言っていることが聞き取れないのに、多分こういうことを言っていたんだろうと推測したが、実は別のことを聞いていて、勘違いで答えてしまったときには、1番リスクが大きいですから。質問に対して的外れな回答をしてしまうと、それこそ1番評価が落ちる可能性があります。それを避けるためには、面接官の質問を再度聞き直して、「申し訳ありませんが、聞き取りづらかったので、もう1度質問をお願いできますでしょうか?」といった風に話せば良いと思います。そうすると、向こうも少しは意識して大きな声で話してくれるでしょう。面接を受ける人の中にも声が小さい人、ボソボソと喋る人はいますけど、面接官にもいますからね。公務員試験になると、特別区とかの人事院面接は数十組が同時に一斉に同じ部屋で面接をするので、隣のブースの面接の騒音がこちらにも聞こえてきて、余計に面接官の声が聞き取りづらいです。また、こちらの声も面接官に聞こえづらいので、話すときにも大きな声を意識しないといけないのです。面接官の声が小さいというのはたまにあるので、もし聞き取りづらいときには、遠慮なく言ってしまった方が良いと思います。

 

面接官が無反応や無表情は結構困る

何を意図しているのか?面接官の性格の問題というだけなのか?は分からないが、たまに本当に面接官が無表情でリアクションがないというときがあります。頷かないといけないとか、表情豊かにしないといけないとか、そういうことを言うつもりはないが、面接官が無反応だと、そもそもちゃんと話を聞いているの?と思うこともあって、不安になります。自分だけじゃない、他の人も同じような反応をされていると思えば、そんなに問題ではないものの、面接を受けている最中はそんなことはなかなか思えませんから、とても心配になります。面接官が無反応というのは、こっちの言っていることがおかしいのでは?と思えてくるからです。面接官の声が小さいとか、それによって面接官の声が聞き取れないとか、そういう問題とはまた違った側面を持っています。今は面接官もいろいろと考えて面接をするので、受験生にとって不快に思えるような態度をとることが珍しくないでしょう。あえてそういう態度をとって、反応を見たりすることもあるでしょうから。そういった中では、受験生ができる最善の策はとりあえず惑わされずに面接を進めることだと思います。

 

面接官が無表情っていうのもあるけど、それだけに留まらず憮然とした態度をとるときもあると思います。それも演技かもしれませんけど、それに怒ったところで、プラスに作用するわけではないので、ここは本当にロボットに徹した方が良いと思います。感情を抑えて、スルースキルを身に付けるということかな?面接官が憮然とした表情や態度だったとしても、「また、どうせ演技だろwww」と心の中で笑っているくらいで良いかもしれない。それくらいに精神的に余裕を持ってやっていけば良いのではないでしょうか?心地よく面接を受けさせてくれる人ばかりではないですし、そうじゃない面接官は増えてきていると思います。素の受験生を見ようと、本音を引き出そうと躍起になる面接官もいますから。面接官が無表情だったりするのもその一環かもしれません。面接官が無反応だったりすると、受験生はあれ?と思うかもしれませんけど、それはもはや面接官のマニュアルだと思った方が良いと思います。面接官が無反応というのは、コンビニの店員がいらっしゃいませ!というのと同じだということです。全員の面接官が無反応とかになるわけじゃないけど、そういうマニュアルをあらかじめ仕込んである会社が多いということはありうると思います。面接官が無表情で反応がないようなときでも、こっちはいちいちそれに反応せずに面接に臨めれば1番良いのではないか?と思います。

 

就職活動で内定を取るためにおすすめのナビサイト

就職活動を行うときにはナビサイトの存在が1つ重要になります。どういうサイトを選んでいくか?というのが内定を貰えるか?どうかに関係してくるからです。特に多くの学生に知っておいてもらいたいのは「ニクリーチ」です。このサイトはすでに皆さんが使っているサイトや新卒の就活で有名なサイトとは違う特徴を持っているのです。それは企業が学生を選ぶという点です。通常は学生が企業を選ぶことになっているはずです。学生が企業を検索して、その中から希望に合致するところにエントリーをしていくということになっていますが、ニクリーチではサイトに登録している学生のプロフィールを見て、欲しいと思った学生を企業がスカウトしていくことになっています。その特徴があるメリットを生み出すことになるのです。それは学生目線から見れば、スカウトが来ることで内定を取りやすい企業を受けることができるという点です。企業が特定の学生にスカウトを送る理由は、やはり他の学生と比べて何らかの理由で秀でた部分を見出せたからでしょう。つまり、他の学生よりも魅力的な部分を持っていると判断されたということが理由なわけです。その時点で、他の学生よりもリードしていると言えるわけですから、相対的に優位に立てているという意味では内定を取れる確率が少しでも高いと言えるでしょう。だから、スカウトがきた企業を受けることで内定が取りやすいかもしれないのです。

 

また、スカウトはいろいろな業界からきます。自分が当初は想定していなかった、受けるつもりもなかった業界から届くこともあり、自分では全く気付いていないところに実は適性や才能があるんだとおもってくれている企業が見つかることもあります。したがって、ニクリーチを利用することで就職活動における視野が広くなるということが言えますし、いろいろな企業と出会うチャンスも増えることになるでしょう。こういったメリットがあるナビサイトになりますが、ニクリーチはスカウトを待って、きたときだけ対応をしていけば良いので、他のナビサイトと併用ができます。つまり、今別に使っているサイトがあればそこを使いながら十分ニクリーチも使えるでしょう。自分で企業を検索してそこにエントリーをしていきながら、ニクリーチを利用してスカウトを待って、自分を評価してくれる企業を受けるという方法も使えます。そういった活用の仕方をすることでチャンスが増えますから、そこも就職活動では大きなポイントになるでしょう。ニクリーチではスカウトがきて、それを承認するとその企業の人間と事前に会ってOB訪問のような話を直にする機会もあり、食事などをしながら事前にその企業について知りたいことを何でも聞けるような環境が整っています。だから、事前に受ける企業のことについて詳しく知ることができるという意味では、選考においても有利になりますし、入社するときでも安心感があるのではないでしょうか?メールアドレスかFacebookアカウントのどちらかがあれば登録できますし、お金はかからないで無料で利用できるので、良かったら参考にしてみてください。

これまで考えてもみなかった企業や業界からスカウトが届き、話を聞けば視界が大きく広がる!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

図書館の無料貸出しで出版業界の今後はオワコン化、衰退する?

出版不況とさえ言われているほど、出版業界はかなり厳しい立場に立たされています。レコード会社な

記事を読む

就活の面接で「最後に何か言いたいことは、伝えたいことはありますか?」の質問の答え方

就職活動の面接において「最後に何か言いたいことはありますか?」のような質問を受けることがあり

記事を読む

就職しやすい、受かりやすい、内定が取りやすい業界や企業の特徴とは?

就職活動において、内定をとりやすい業界っていうのもあると思いますよ。長く就職活動を続けている

記事を読む

エントリーシートや履歴書でゼミやサークルに入ってない、辞めた人は空欄が良いのか?

就活でエントリーシートを書くときにゼミの欄というのがあるかもしれません。どの会社のエントリー

記事を読む

2017卒の合同説明会の時期はいつから?何月頃から始まる?

就職活動のスタートは、合同説明会から始まることも多いです。合同説明会は別に出る必要ないという

記事を読む

会社説明会、面接に遅刻は不採用?謝罪やお詫びをメール、電話でする必要ある?

就職活動は実際に経験してみると分かりますが、スケジューリングがとても大変です。1日に1社だけ

記事を読む

会社説明会は当日欠席は電話はNG!?メールかばっくれる方がまだマシ?

就職活動において、会社説明会とかを予約してばっくれてしまう就活生がいます。しかも、そんなに珍

記事を読む

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

就活でSNSは人事に見られる?活用やチェックされる?鍵よりも有効な対策がある?

就活ではいろいろな部分で学生を観察しているとされています。そうやって多方面から人事は学生をチ

記事を読む

就活であなたの強み、あなたが人に負けないことは?自慢や夢も答え方は同じ?

就活では面接などにおいて変わったような質問をされることがありますけど、変わったように聞いてい

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑