内定辞退を電話でするのは緊張して怖い!怒られるのが嫌なら手紙で郵送しよう

公開日: : 学生たちの就職活動

内定辞退を電話でするのは緊張して怖い!怒られるのが嫌なら手紙で郵送しよう93642975e4fa330729ed31f0bce4ca18_s

内定辞退をするときにはいろいろな方法が考えられますけど、1番メジャーなのは電話ですかね?電話が1番望ましいという感じで言われていますから。でも、電話で内定辞退は難易度高いです。何でか?っていうと、直接、企業の人事担当者と接するからです。メールや手紙ならば直接やりとりはしないというか、接することはないです。しかし、電話は会話をするので、向こうの心情がひしひしと伝わってきます。メールや手紙でも返信が来れば、そういう向こうの気持ちも伝わってくることもありますが、やっぱり文面と声は違いますよ。だからこそ、内定辞退は難易度が高いのです。特に電話での内定辞退は怖いでしょう。でも、それを乗り越えて多くの学生は内定辞退をしているのではないですか?結果的に、円満に内定辞退をできる場合とそうじゃない場合があるので、案外なんともなかったというケースも中にはあると思います。でも、それは結果が出たからこそ言えるものであって、電話をかける前はやっぱりハードル高いです。厳しいでしょうね。内定辞退はとても緊張するものだと思います。

 

内定辞退は電話じゃないといけないのか?

内定辞退を電話ですると怒られると思って、やっぱりハードルが高く感じるんですよね。だからこそ、内定辞退は本当にやりたくないと思ってしまう。そういう悩みを抱えた就活生は非常に多くいるはずです。で、現実的な問題として内定辞退は電話じゃないといけないのでしょうか?電話が推奨されている面もありますけど、内定辞退で電話はしたくないと思っている人が多いと思うんですよね。余計に内定辞退で緊張する結果を生むことになりますから。できれば内定辞退はメールが良いと思っている人もいるでしょう。内定辞退で電話は緊張もしますし、嫌だという方もたくさんいると思いますが、ベストは電話です。ベターはそれ以外のメールや手紙になると思います。電話がベストっていうのは、1番確実な方法だからじゃないでしょうか?というのも、直接会話をして内定辞退を伝えるため、相手に確実に伝わるでしょう。しかし、メールや手紙だと、相手に届くか?がまず分からないですし、届いても見るか?どうかが分からないのです。このあたりは学生の方に責任がある問題とは言えませんが、そういうデメリットもあるので、内定辞退では電話が良いとされているのでしょう。

 

内定辞退で電話はしたくないですよね。私もしたくないですから。もし内定辞退で電話をして怒られるのが嫌だという方、恐怖を感じている方は電話をする必要はないと思います。企業が学生に内定を伝えるときも電話をしていないケースもあるからです。内定通知は郵便で届くのではないでしょうか?そうなると、内定辞退の通知も郵便で送ってもおかしくない気はします。また、郵便で送れば内定辞退の証拠が残るので、いろいろと便利ということも言えるかと思います。だから、メールと手紙だと手紙の方がより丁寧な印象を与えるため、電話以外ならば手紙で内定辞退をした方が良いかもしれないです。手紙で内定辞退をすることは問題ではないでしょう。一般的な方法になると思います。内定辞退は電話でしないといけないというような風潮が実際にあるのは事実かもしれないが、別にルールで決まっているわけではないので、それをしないといけないわけではない。内定辞退をしないというようなケースはともかく、内定辞退の問題はほとんどマナーの問題なので、強制される性質の問題ではないってことです。

 

実際、内定辞退をすると脅迫めいたことを言われることがある

内定辞退をすると、電話のケースが多いのかな?とは思うが、実際脅迫されるケースがあります。内定辞退をすると怒られるというケースがまず思い浮かぶかもしれませんが、それどころではなくて脅迫を受けるケースがあるのです。1番ありがちなのは「もう、お前の大学からは一切採らない」といったものです。こういう脅迫を受けているケースは稀だけどあります。で、多くの就活生はこういう脅迫を受けると、後輩に迷惑がかかるな・・・と思って躊躇するかもしれませんが、躊躇する必要ないです。じゃあ、ここで質問です。そんな脅迫をしてくる企業をあなたは後輩に奨めますか?ここに後輩に入ってもらいたいですか?と言ったら、嫌でしょう。そんな脅迫をしてくるような企業はまともじゃなと思うし、確実にブラック臭がしてきます。つまり、そんな企業は後輩に奨められません。ってことは、後輩を採らないのはむしろ好都合でしょう。ブラック企業の方から避けてくれているんだから。後輩がブラック企業に入社してしまうリスクを向こうから下げてくれているのです。だからこそ、その内定辞退をした企業がこういう脅迫をしてきても、後輩に迷惑をかけているのではなく、後輩を救っているのです。だから、胸を張りましょう。

 

実際、こういうことを言われた場合には、「あなたみたいな悪質な脅迫をしてくるブラック企業に後輩が入れないと思うと、こちらも安心です」とでも言っておけば良いです。何て返ってくるでしょうね?向こうも返す言葉がないんじゃないかな?実際、自分の都合どおりにいかないと、そういう脅迫行為に出てくるっていうのは、まともな思考とは思えないので、逆に言うと、ガチで内定辞退をして良かった企業と言えると思いますよ。でも、そういうことを言われるかもしれないと思うと、内定辞退が怖いと思ってしまう人もいるので、そういう人に漬け込むのが脅迫の意図かもしれません。ただ、そういうのに屈していたら、社会人として訪れるこれからの多くの困難を乗り越えられないので、そこは乗り越えないといけない。精神的に強くならないと厳しいでしょう。社会人として働くならね。内定辞退を電話でしたら怒られるから怖いと思うならば、無理に電話でする必要はない。手紙でも構わないでしょう。手紙でやっても脅迫はあるかもしれないが、シカトをするか、労基署に持って行って告発すれば良いだけでしょう。手紙だと証拠に残りますから。内定辞退をしたら怒られたというケースは多々あると思いますが、別に悪いことをしているわけではないです。むしろ、悪いことをしているのは企業側というケースもあるので、そこは冷静に対応をしていきましょう。内定辞退を電話ですると緊張するならば、手紙で構いませんから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

学歴フィルターで地方国立の駅弁大学は?千葉大学、埼玉大学、広島大学あたりは通過する?

就職活動になると、いろいろな理不尽に遭うこともありますが、その中で学歴フィルターというものが

記事を読む

会社説明会、面接に遅刻は不採用?謝罪やお詫びをメール、電話でする必要ある?

就職活動は実際に経験してみると分かりますが、スケジューリングがとても大変です。1日に1社だけ

記事を読む

会社説明会はどんな感じで何する?何を話す?内容や雰囲気と当日の流れ

就職活動では絶対に欠かせない存在なのが会社説明会と言えるかと思うのですが、この会社説明会に参

記事を読む

就活は平均で相当お金がかかるが、お金がかかりすぎの現状を変えるには?

就職活動が始まるとともに、多くの学生はいろいろな企業に行って会社説明会や選考を受けることにな

記事を読む

大学職員の仕事内容は楽なのか?それともきつい?忙しい?

大学職員になりたい!と思っている方は多いかもしれないですね。私が大学生だった頃、同じ大学の友

記事を読む

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけないことが多々あります。履歴書が

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

内定辞退の理由で勤務地や合わないからはダメ?留年したと嘘をつくのが鉄壁か?

内定辞退をするときにはすんなりいかないことも多々あって、どうしても企業からの説得を受ける可能

記事を読む

総合商社の仕事内容は忙しい、激務と評判だがやりがいは?英語ができないときつい?

就職活動において人気の業界というと、総合商社があります。企業の数はそんなに多くないのではない

記事を読む

集団討論では発言が少ないでも問題ない?話しすぎやしゃべれないは落ちる?

就職活動において集団討論はかなり多くの企業で実施されている採用試験になりました。したがって、

記事を読む

野村信託銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

野村信託銀行に就職したいと思っている人はまずは難易度を理解して

ENEOSフロンティアの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ENEOSフロンティアの就職の難易度はどうなっているのか?調べ

ビオフェルミン製薬の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ビオフェルミン製薬の就職の難易度はどれくらいなのか?について知

トマト銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

トマト銀行に就職したいと思っている人であれば、まずはトマト銀行

no image
マーベラスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

マーベラスに就職したいと思っている人も多いのではないでしょうか

→もっと見る

PAGE TOP ↑