就活で採用される気がしない、内定をとれる人、採用される人になるには?秘訣やコツは?

公開日: : 学生たちの就職活動

就活で採用される気がしない、内定をとれる人、採用される人になるには?秘訣やコツは?70a286a30a2d6c1648724295e3763994_s

就職活動は内定をとれる人とそうじゃない人にどうしても分かれてしまいます。1人で複数個の内定を獲得し、選び放題という人もいれば、1人で1つの内定もとれない人間はどうしても生まれてしまいます。就活では内定をとれる人、採用される人とそうじゃない人がいるということですね。採用される人はある意味才能や実力の部分もありますが、それは具体的なんなのか?が説明できません。説明できても、対人能力とか、コミュニケーション能力とか、非常に曖昧な指標になってしまいがちです。したがって、それを改善して内定につなげる努力をしても、どこまで実を結ぶか?は何とも言えません。そういう意味では、就活において内定をとれる人は良いとしても、採用される気がしないって人もいますよね。そういう人が現実的に内定をとるにはどうしたら良いのでしょうか?そういったコツはあるのでしょうか?就活では2つの努力ができますが、それぞれにおいて見ていきましょう。

 

就職活動で内定をとれる人に近づくための努力とは?

就活で採用される気がしないという人が採用される人になるためにできる努力は主に2つです。それは自分自身の能力を上げて、企業に欲しいと思われる人材になること。そして、もう1つは今の自分を欲しがってもらえる企業を探して、そこを受けるということです。どちらがより現実的か?というと、後者になると思いますね。前者はそう簡単にできるものではないですから。努力をしても、それが達成される保証はないですし、そもそも努力の方向性として合っているのか?も分かりません。しかし、後者は自分はさほど変わらなくて良いです。つまり、今の自分はそのままで自分を欲しいと言ってくれる企業、自分でも採用されやすい企業を探す、見つけるということになりますから、コツが掴めればこちらの方が難易度は低いかもしれません。でも、それをどうやって探すのか?が問題であって、自分を評価してくれる企業を見つけるというのは、普通に考えたら用意ではありません。というか、普通は会社を受けてみて初めて分かることであり、受ける前から会社が自分をどう思っているか?というのは、通常は分からないでしょう。そもそも、自分が会社を受けないと、自分という存在を会社に認識させることができないわけですから。受けてみないと自分という人間を会社は知らないままという意味では、結局、会社を受けて落ちる、受かるという結果を見てみないと、会社がどの程度自分に興味を抱いているのか?は分からないということになってしまい、今と変わりません。就活において採用される人になるには別のやり方が必要ということになります。

 

スカウト機能がついたナビサイトは違う

皆さんが就活でいつも使っているナビサイトはスカウト機能をつけているものが中にはあります。スカウト機能というのは、従来は学生が企業を検索して、その中で入りたいと思える企業にエントリーをして、説明会に参加して、面接とかを受けていくという流れを真逆にしたものです。スカウトっていうのは、あるナビサイトに登録している学生を企業が検索し、この人と会ってみたいなとか、この学生はうちに是非欲しいなと企業が考えた場合に、企業の方から学生にメールなどがいきます。これがスカウトになります。つまり、これは学生が企業の方にアプローチをしていた今までの流れの真逆のことで、企業が学生にアプローチをするわけですね。そうなれば、もしスカウトがくれば、それはその企業がその学生を必要としている、欲しいと思っている、興味を抱いている状態と言えるじゃないですか?じゃなかったらスカウトは送ってきませんよ。それはつまり、スカウトを送った学生は送っていない学生よりも、その企業は上に見ているわけで、もしあなたにスカウトがくれば、そのスカウトを送ってきた企業に関しては、採用可能性が客観的に高いと言えるでしょう。これが自分を採用してくれる、欲しいと思ってくれる企業を見分けるコツになります。

 

内定の確率を上げるためには、スカウトの着た企業を受けるのは1つのコツ

就活において内定をとれる人の特徴というのは、能力に長けた人、自分を欲しいと思える企業に出会える人という2つのポイントを挙げましたが、そのうちの1つこういった形で実現することができるということです。だって、学生の方から企業にアプローチをする形だと、企業を自分をどう思っているか?は結果が出ないと分からない。事前に判断ができないため、結局自分を評価してくれる企業に出会えるか?は運ゲーになってしまいます。しかし、スカウトを活用すると、自分にスカウトを送ってきた企業は確実に自分を評価していますよね。スカウトがきた=内定ではないですけど、期待は高まりますよ。従来のやり方はスタート地点で企業の自分に対する評価は0なわけですが、スカウトが着たならば、それは20とか、30とか評価が高まっている状態でスタートするので、その後内定をもらえたり、良いところまで進める期待感は当然膨らむでしょう。自分に興味を持っているか?分からない企業を受けるのではなく、自分にある程度興味を持っている企業に出会って、そこを受ける。内定までの確率を上げられるこのやり方が可能なのがスカウトになるのです。そのスカウト型の就活のナビサイトは多くありませんが、例えば「キミスカ」は有名です。恐らく新卒の就活のスカウト特化型のサイトの中では1番企業などの登録数が多いと思うので、ここに登録をして、プロフィールなどを充実させて、自分のアピールをしっかりできれば、多く登録している企業の目に留まり、「うちの会社受けてみないか?」とスカウトがくる可能性もあります。これが就活での内定がとれる人になる秘訣になると思うのです。

 

実際、このキミスカというサイトはかなり内定に直結するスカウトが横行していて、1次選考や2次選考を受けないで先に進めるような会社のスカウトが着たりすることもあるようです。スカウトが着た会社を受ければ、絶対に内定が貰えるという保証はもちろんありませんが、自分に対する興味が0の会社を受けるよりも、興味がある程度持っている会社の方が食いつきももちろん違いますから、内定がもらえるとは限らないが、内定が貰える確率がより高いのではないか?と思います。キミスカは登録してしまえば、スカウト待っているだけで良いので、基本的には今まで使っていた、別のナビサイトで今まで通り企業を検索してエントリーして、選考を受けていくというやり方を行いながら使っていくことができます。便利な点を言うと、ただスカウトを待っているだけで良いので、今まで使ってきた就活のナビサイトをそのまま使いながら、スカウトを待ち、スカウトが着たら、それに返信していけば良いだけなので、キミスカとそれ以外のナビサイトは当然併用ができます。併用ができるってことは、使えるナビサイトが増えるってことを意味するわけですから、単純にチャンスが増えるってことです。だから、使うことで損はまずないでしょう。可能性を増やすだけですから。実際、キミスカからくるスカウトはいろいろな企業、いろいろな業界のものが多く、自分では予想していなかった、考えていなかった企業や業界からくることもあり、意外な企業や業界が自分の適性や魅力を評価してくれているんだと再認識し、そういったところも受けてみようかな?と思えて、自分の就活の視野が広がり、それが将来においていろいろな影響を与えることになるかもしれません。そういう部分も含めて、自分が興味を持っていないような企業や業界が自分を必要としてくれるような点も含めて、キミスカはチャンスが広がる、可能性を大きくしてくれるナビサイトと言えると思いますから、就活において採用される気がしないという人は、自分に興味を持つ企業に出会うための策を考えていくと良いと思うのです。そのときにこういったキミスカのようなサイトは1つおすすめと言えるかもしれません。メールアドレスがあれば無料で利用可能なので、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

学歴フィルターの基準やボーダーで関関同立や産近甲龍の学生はひっかかる?

就職活動でたびたび出くわす学歴フィルターですが、この学歴フィルターは主に関東圏の大学に対して

記事を読む

図書館の無料貸出しで出版業界の今後はオワコン化、衰退する?

出版不況とさえ言われているほど、出版業界はかなり厳しい立場に立たされています。レコード会社な

記事を読む

就活で入社後にやってみたい仕事、実現したいことの答え方

就職活動をしていて、企業からの面接でいろいろな質問を受けることがあると思いますが、答えるのに

記事を読む

女子大の就職率は高い?女子大は就職に不利ではない!強い、有利な理由とは?

女子大ってどういうイメージでしょうか?共学の大学に通う学生がとても多いので、そちらが普通みた

記事を読む

面接等で「私服でお越しください」の正解を知るイベントがある

就職活動の場では、学生にスーツではなく、あえて私服を要求する会社もあります。それは企業側の思

記事を読む

やりがいより労働条件が大切な就活生が不採用なのは当然

以前、『「仕事内容」より「労働条件」ばかりを聞く学生はいらない』などのニュース記事で、給料の

記事を読む

Fランク大学は就職できない?就職先が悲惨なのは結果論では?

Fランク大学の就職先が悲惨だということがネット上でも話題になっているが、それが全員というわけ

記事を読む

集団討論で受からない原因は?受かる人と落ちる人を分ける評価基準

就職活動で、得意な人と苦手な人がきっぱり分かれやすいのが集団討論、つまりグループディスカッシ

記事を読む

新入社員の幕開け!入社式の内容は?何をやるの?

4月1日からは多くの方が新入社員として働き始める初日になると思います。そんな入社式は気持ちを

記事を読む

AO入試や推薦入試は就職に不利なのか?就職できないは幻想だが企業の偏見はありそう

就職活動をするときには、AO入試や公募推薦、指定校推薦などで入学する学生が不利になるという言

記事を読む

京都女子大学の偏差値や難易度は?倍率やボーダーラインと入りやすい学部はあるのか?について

京都にある女子大の中でも特に偏差値が高いのが京都女子大学になり

第二新卒の就職で成功する人の特徴とうまくいかない人が失敗しないためのおすすめサイトの紹介

第二新卒として就活をしている人の中でも成功する人と失敗する人が

手書きの履歴書はなぜ?メリットは意味不明!めんどうくさい、意味ない作業は日本だけか?

就職活動をしていると履歴書やエントリーシートを書かないといけな

大阪経済大学の評判や口コミは?キャンパスの立地条件や就職支援、就職実績はどうか?

大阪経済大学というのはキャンパスはどういった場所にあるのか?と

名古屋大学と早慶はどっちが上?難易度やレベル、就職を比較するとどっちがいい?

名古屋大学と早慶はどちらが上でしょうか?非常にざっくりとした質

→もっと見る

PAGE TOP ↑