国民年金を未納、払わない人が増加中=年金不信という世論

公開日: : 最終更新日:2015/11/23 その他の話題

国民年金を未納、払わない人が増加中=年金不信という世論de8fe173aeb9c981e4c9c81d0a881298_s

20歳を越えると、必ず入らないといけないとされている国民年金ですが、これは仮に払わないとでいるとどうなるのでしょうか?国民年金の納付率というのは、以前6割という数字を見ました。サラリーマンが加入する厚生年金については、給料から天引きにされるので、払わないという選択肢はありえないということになりますけど、国民年金の方は自分から納付しないと払わないという選択が事実上できてしまいます。何だよ!払わなくても良いじゃん!と考えている方が多いと思います。私もその1人です(笑)ただ、実際、国民年金をこれといった理由もなく、払い続けていないとどうなるか?それは国による強制的な徴収が行われてしまうのです。本当に徴収されているのか?については疑問な部分もあるものの、現状はそういう仕組みになっています。保険料を払っている人たちがいるからこそ成立するものなので、どうしてもそういった人たちが協力してくれなくなると、制度自体も崩壊の一途を辿るかもしれませんが、崩壊は恐らくしないでしょう。

 

年金制度はどうして崩壊しない?(させないか?)

今の若者、特に年齢がこれから若くなればなるほど、年金は損をするシステムだといわれることも多いですね。年金自体をとってみれば、支給年齢の引き上げや支給金額の削減などが今後も実施される可能性があり、時代が進めば進むほど、年金制度による恩恵はどんどん少なくなり、払った保険料を踏まえて、損をする人が増えるとされています。ただ、年金制度は崩壊しないと思います。というか、崩壊しないように国がなんとか苦肉の策を考えて、維持していくといった方が適切でしょうか?乗りかかった船と同様で、止めようと思えば、権限1つで止めることはできたとしても、あるタイミングで年金制度をやめるとなると、それまで保険料を払ってきた人が損をしますよね。20歳を越えたばかりの人は、まだほとんど払ってないから良いか!となるかもしれませんが、59歳とかの人は、おいおい!今まで何十年も払ってきて、そりゃねえだろ!ふざけるなよ!と文句を言われるのは必至です。それこそ暴動でも起きるかもしれない。特にお年寄りに優しい、お年より向けの政策ばかり行われるとされているわが国では、そういった年金制度の破壊はやっぱり考えづらいですよね。

 

払った保険料をちゃんと返納できる仕組みがあるならば、年金制度を意図的に崩壊させることも可能かもしれませんけど、それはどうなんでしょうね?不可能だったら、このまま日本国民は泥舟に乗り続けるしかないということです。それに早くから気付いて馬鹿馬鹿しいと考えている人が国民年金の保険料を払わないということを選択すると思われるのですが、実際4割の人は払っていない。特に若い人にそういう人は多いと思いますから、彼らは今後も払わない。すると、これから若者になる人たちも払わない可能性が高く、納付率は今後も低下の一途を辿るしかないのです。年金は損だ!時代が進むほど損をする!という認識が定着してしまった以上、それを覆せない限りは、年金制度は崩壊はしないが、事実上誰の信頼も得られない制度になってき、保険料を強制的に払わされるサラリーマンなどが損をしまくるというシステムになるのかもしれません。

 

納付率が6割というのは嘘!実はもっと少ない?

厚生労働省が今年7月に発表した国民年金の保険料の納付率というのは6割とされており、以前より上がったと発表しています。ただ、これは正確にいうと間違いのようなのです。というか、実態を分からなくさせるために、納付率計算の仕方に落とし穴があるのです。国は2012年から、特別な理由もなく保険料を滞納している人に対して、差し押さえをしますよ?という予告をする催促状を送付するという策を試みたところ、それまでの過去最低だった58.6%だった納付率が6割に回復したとしていますが、この納付率の計算をするときの分母にあたるのは、誰でしょうか?これは年金の保険料を払うことが出来るとされている人たちなのです。つまり、事情あって払えない人、猶予や免除を受けている人、例えば大学生などは20歳を越えていても、申請をしておくと一定期間免除をしてもらえます。

 

そういう彼らは納付率計算の対象から除外されているので、分母は減ります。つまり、払わなくても良い人が多くなれば多くなるほど、実際に保険料を払っていない人が増えていなくても、納付率は上がっているとして良いということになるのですそして、実際の納付率、こうした猶予や免除を受けている人を含めた真実の納付率は約4割とされているのです。これは過去最低を記録するする数字とされており、中でも若者の納付率、20代の納付率は25%くらいですね。20代前半だけに限ると、21%くらいですからね。実際の納付率を知ると、年金制度ヤバくない!?と思って、損をしたり、崩壊するかもしれないから、保険料を払うのはやめよう!と思ってしまう国民が増えますよね。それを防ぐためになんとかして偽りの高い納付率を出すというのが国の策略なのかもしれません。

 

年金制度は崩壊の一途度を辿るしかないのか?

実態は納付率は4割で、年々下がってきている模様です。ここ20年でいうと、2割以上下がってきています。その傾向は今後も続きそうですよね。納付率が低い理由は、年金保険料を払う余裕がないという人の増加、給料の安い派遣労働者やパート、アルバイトの増加、そして年金制度そのものへの不信感、年金なんていらないから保険料も払いません!ということを考えている人が多くなってきたからでしょう。どちらの理由も国が原因を作っているので、納付率を上げたいのであれば、雇用状況を改善したり、年金制度を信頼あるモノにするために再建するしかないですよね。現状の年金制度は、強制徴収のサラリーマンによる厚生年金によって支えられれていると言っても過言ではないでしょう。正社員も今後減っていく可能性もあるし、若者は相変わらず納付率低いし、もっとヤバイのは少子化によって保険料を払う世代の人たちがどんどん減っていくということです。

 

納付率もそうだけど、納付される保険料の金額もどんどん減っていき、本当に年金制度は今後も存続されるのか?分かりませんね。少なくとも、今保険料を払う世代の人たちは、不信感しかない。年金制度なんて早く壊れてしまえ!と思っているかもしれません。強制徴収されているサラリーマンの中にも、本当は払いたくない人はたくさんいるでしょうからね。しかし、これまでなんとか保険料をはたり続けてきた高齢者は、貰う立場にあり、今の保険料を払う人たちが真面目に払ってくれないと、どんどん金額が減ったり、支給開始年齢が上がったりと、いろいろな被害を被るわけですから、年金保険料を払え!と言う高齢者と保険料なんて払わないよ!と言う若者の世代間の抗争もあるのでしょう。年金制度自体は崩壊をすることはなくても、すでに破綻しているという評価はできると思います。何故、破綻しているのか?といと、本来持っている機能を維持できなくなってきているからです。それはすでに説明したように世代間格差がどんどん進み、若者になればなるほど損をするシステムになってしまっているからなのです。その詳しい話は以下の別の記事でお話しています。

 

【あわせて読みたい記事】

年金が破綻する時期はいつ?将来どころか既に破綻している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

引越しの見積もりはいつから?いつまで?にやれば良い?

春はやはり引越しをする時期ですよね。多くの方々が新生活をスタートする時期ですから、全国で引越

記事を読む

東京家政大学のキャンパスの立地条件の評判や口コミと就職支援や就職実績など

東京家政大学は女子大の中ではそこまで知名度がないかもしれませんが、女子学生には人気です。学部

記事を読む

オープンキャンパス参加時の服装は?私服?制服?

夏休みの風物詩になっているオープンキャンパスですが、行く人もいれば、行かない人も当然いると思

記事を読む

津田塾、日本女子、東京女子大学は就活の学歴フィルターの影響を受ける?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になる人もいると思いますけど、学歴フィルターと

記事を読む

明星大学の偏差値は教育学部が高い!それ以外の難易度は易しめで受かりやすいのは経済学部と経営学部?

明星大学という大学がありますが、ここはどういった大学か?ご存知でしょうか?知名度がそこまで高

記事を読む

立教大学の雰囲気は?自由な校風で在学生の評判も良い

立教大学については、皆さんどういうイメージでしょうか?あの池袋キャンパスの独特の校舎を思い出

記事を読む

学習院大学のキャンパスの雰囲気や授業、就職の評判は?

東京都の目白にある学習院大学は、非常に洗練された雰囲気の中で学んでいる感じがします。学習院大

記事を読む

東洋大学経済学部の偏差値や倍率は?学生の評判や入試科目の特徴について

東洋大学の経済学部を進学先として考えているという方は、まずは東洋大学のレベルを知らないといけ

記事を読む

日本女子大学のキャンパスの雰囲気や評判と口コミは?就職実績で就職率などは高い?

日本女子大学のキャンパスに関してはどういう場所になるのか?知っておきましょう。日本女子大学の

記事を読む

お茶の水女子大学の滑り止めはどこがいい?MARCHや津田塾か?併願のおすすめは?

お茶の水女子大学は難関国立大学として有名ですけど、そのお茶の水女子大学を受ける場合の滑り止め

記事を読む

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

ブライダル業界の就職の難易度や倍率は?激務と評判で将来性や今後は?やりがいや魅力は?

ブライダル業界に就職したいと思っている方も多くいると思います。

→もっと見る

PAGE TOP ↑