当たり前ではない親の介護で仕事ができない、結婚できない、殺意が沸く、安楽死の合法化が迫られる社会

公開日: : その他の話題

当たり前ではない親の介護で仕事ができない、結婚できない、殺意が沸く、安楽死の合法化が迫られる社会 – Retire in their 20s5e18e4902792f5eaed4cbe30eb00e43c_s

親の介護をしたくないと考えている人もすでにいるかもしれないし、今はそういったことを考えていなくても、いずれそういうことを考えるときがくるかもしれません。親の介護の問題は認知症の問題と非常に似ている気がしますね。認知症に親がなった場合には、家族、特に同居している人たちにその認知症の親が勝手に徘徊しないように、どっか行ってしまわないように監視する義務があるという。でも、これって変な話ですよ。同居している家族というのも、配偶者とかだけじゃなくて、その子供にもあるわけですよ。収入がなくて実家に住んでいる子供は今はたくさんいるが、つまり、普通に生活しているだけで親の監視が義務化されるわけだ。そして、監視を怠ったりして、勝手に出て行ってしまって、何らかの問題を起こしたら、その損害を監視の義務を負っている同居人である配偶者やその子供が負うわけだ。そうなれば、子供がそういった責任を負いたくなければ、家を出て行ったり、縁を切るという方法もあるか。ただ、それができるならやれば良いけど、それができない人もいるわけだから、そうなれば人によっては強制的に認知症になった親の監視をしないといけないような人もいるということになります。

 

認知症の親を監視する、見守るということの問題点

この認知症の親の面倒を見るってことは予想以上に大変だ。それは通常の人間と違い、行動予測が全くできないから、徘徊するにしても、いつそれが起きるか?分からない。つまり、24時間の中で、いつそういう行動をとるか?分からないため、徘徊を100%防止するためには、24時間体制で監視しないといけない。そんな人生何が楽しいのよ?と思えてきます。それをやれ!って裁判所は言っているわけですよね。同居しているからこそ、そういった義務を仮に負うならば、じゃあ見捨てれば良いのか?となるが、それも簡単にできるわけじゃない。精神的な葛藤もあれば、世間からの非難などもある。後述する親の介護の問題もそうだが、親を平気で見捨てられるような人は良いかもしれないが、それがなかなかできない人もいるし、そういう考えに対して非難をする人もいるから、いろいろな圧力によってそれらの行動は平気でとれるものではないのです。特に子供のきついでしょうよ。配偶者の立場からすれば、その人と結婚しなければ、そういう義務を負わずに済んだ。ということはいえるが、子供には回避すべき手段がないですから。親が認知症になるか?に関して、子供に回避する術はないし、将来的に認知症になる親か?そうじゃないか?を選べるわけじゃない。そして、家を出て行く選択が容易にできないケースもあり、子供の場合には、半ば強制的にこの見守りの義務が課せられる状況もあるわけです。

 

これが親の介護の問題においても同様に発生している。というか、起きているのが親の認知症か?介護か?の違いでしかないので、結構状況としては似ていると思います。親の介護をめぐっては、兄弟や姉妹間での押し付け合いもあったり、家庭崩壊まではいかなくても、生活が一変することはある。親の介護をするために仕事ができないでイライラする。しかし、親の介護はして当たり前だみたいな風潮もある。特に介護離職が問題になっている今は、親の介護をするために仕事を辞めてお金がないとか、親を助けるために自分の犠牲が大きすぎる問題もあります。そして、親の介護をやらないといけないので結婚できないという問題もしばしば聞かれます。それは親の介護をしないといけないため、結婚生活をまともに送れそうにないということもあれば、介護を必要としている親がいる人と結婚をしてくれる人が現れづらいという問題もありそうな気がします。そういう人と結婚をすると、結婚相手の方もある程度介護の手伝いをしないといけないようなケースもあり、どうしても躊躇してしまうこともあるのではないでしょうか?これらの問題って、国にとっても深刻でしょう。親の介護で結婚を諦める人が多くいると、少子化の問題も大きくなるだろうし、親の介護で仕事をやめてお金がないとなれば、税金の納入金額も減り、それどころか生活保護などの出費も増える。親の介護と仕事の両立が現実的に難しいとこういった問題も発生するのです。

 

親の介護と安楽死をめぐる問題

親の介護をめぐって、家族間で押し付け合いも生まれて、親子間、兄弟姉妹間で溝ができることもしばしばあるし、親の介護をしていたがそれが殺人に発展するケースもあったり、大問題とも思ええるケースが頻発していて、この状況を見ると、本当に親の介護をめぐる問題は21世紀の人類の問題そのものと言っても良い気がしますよ。老人ホームなどの介護福祉施設に預けて面倒を見てもらうというのができるならば、子供としてもそっちの方が良いというケースもありそうだが、それは容易にはできないでしょう。店員オーバーで入りたくても入れない。施設数や介護職員の数の不足があるし、お金の問題もあるかもしれない。つまり、そういった方法をとれないケースもあるから、残された選択肢は子供や配偶者、親族などが面倒を見るか?見捨てるか?の2択しかない。そして、後者は先ほど言ったように、簡単にはできない。そこで話題になるのが安楽死なんですよ。親の介護の問題をめぐっては安楽死の話題がたまに出てきます。介護をする人の負担があまりにも大きすぎるので、これは安楽死を合法化したらどうか?という話もしばしばあります。国は倫理的な問題とかで、拒否する可能性が高いが、やっている国もあるので、そのうちもっと世界中で普及するかもしれません。安楽死は介護をする方ではなく、される方の意思で決まるから、子供などの葛藤などはまだ少ないかもしれないが、親の介護それで仮になんとかなったとしても、認知症の親の場合には、本人が安楽死の判断なんかできないから、使えないとなり、どうしようもない。施設に預けられるならそういう方法もあるし、それが無理なら誰かが監視をして、面倒を見るしかない。しかし、それはその面倒を見る人の人生の犠牲がとても大きいとなってしまうのです。認知症の徘徊対策として存在している、とても簡単に開錠できない特殊な施錠でもして、完全に閉じ込めるしかないかもしれないです。

 

親の介護で仕事を辞める、結婚できない、殺意が沸くは異常

親の介護によって仕事ができない。そんな悩みを抱えている相談も例えば、「親の介護のせいで、自分の人生滅茶苦茶です。」にあります。ここでは親の介護の義務や強制力や圧力に対する恨みつらみのようなことが書かれていますが、人間をこういう感情にさせるということなのです。親の介護をするということ自体は別に本来おかしいことではない。強制されるものではないと思っているが、本来は別にそんなに問題になる性質のものではないと思います。しかし、この国では現状、親の介護をするなら仕事を辞める、結婚できない、そして最悪の場合には殺意が沸くということが珍しい出来事ではなく起きているのです。こんな状況は本来は異常だと思いますよ。でも、介護をすべきだという人は、そういう異常な状況が起きることを容認しているってことでしょうからね。これらって、親の介護をすることによって、自分の人生における物凄い大きな犠牲を払っているわけじゃないですか?他人のためにそう生きたいというのであれば、それは自由だが、それをしたくないけど、しないといけない雰囲気だからしているとか、社会からの圧力で、非難が怖いからしているという点がまた問題だと思いますよ。つまり、そういった圧力によって、自分の人生が大きく変わってしまっているわけですからね。リアルでも、ネットでも、親の介護を放棄するとか、したくないとかは何事だ!みたいなことを言う人がいるが、自分の犠牲を相当程度払ってまでやらないといけない義務の方がよっぽどおかしいと思う。そこまで程度の介護ならばまだしも、多くの場合で軽い介護で済んでいるケースは少ないと思うのです。そういうことを言ってくる人が実際にいるし、それが社会の圧力になって、結果1人の人生を大きく変えることになったり、親の介護で殺人に発展するようなケースは2人の人生を変えていますからね。社会が圧力をかけた結果、殺人者と被害者が生まれてしまうわけだ。親の介護をめぐる問題では、仕事を辞める、お金がない、結婚を諦める、殺人などの大問題があり、その介護をするにあたって払う犠牲があまりにも大きすぎる問題があります。そして、さらに問題なのは、その大問題を認識していながらも、親の介護はするのが当たり前であり、放棄できない、したくないと思っていても拒否できないような社会からの圧力が存在しているということです。それによって親の介護をしない人間は外道だと、そういう認識が頭の中で芽生えてしまって、本人は葛藤し、結果自分の人生を犠牲にしたくないが、してしまうケースがあるのです。親の介護の問題は、その親子間の問題だけではなく、社会全体を取り巻く問題だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

専業主婦は勝ち組?楽な人生と言われるが疲れる、楽じゃない、つまらないケースも多い?

専業主婦という生き方が日本では定着しているため、1つの市民権を得た身分として確率しています。

記事を読む

明治学院大学の就職率は高く、在学生の雰囲気、評判も良い

東京都と神奈川県にキャンパスを構える明治学院大学は、ミッション系の大学として受験生からも人気

記事を読む

筑波大学と早慶や上智大学はどっちが上?どっちがいい?文系と理系でも違いがある?

筑波大学は関東圏の有名な国立大学です。東京にはないものの、全国的に知名度がある大学です。非常

記事を読む

神奈川県立鶴見高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立鶴見高校は神奈川県横浜市鶴見区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR京浜東北

記事を読む

浪人で成績が下がる!受からない、落ちる人の特徴は?受かる確率を上げるには?

大学受験に失敗して浪人をしているが、それでも上手くいかない人っていうのは絶対にいるはずなんで

記事を読む

慶應義塾大学理工学部の偏差値や倍率は?評判や合格最低点はどうなっている?

慶應義塾大学理工学部は学科が幅広く、かなり規模が大きい理工系の学部になります。慶應義塾大学理

記事を読む

神奈川県立金井高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立金井高校は神奈川県横浜市栄区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR東海道線、

記事を読む

聖心女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点と入試科目について

聖心女子大学というのは名門の女子大として、非常に人気で女子学生が多く受けています。聖心女子大

記事を読む

センター試験が終わってから、センター利用であとから出願できる大学はある?

センター試験を受けて、その結果のみで合否が決まるセンター利用入試がありますが、このセンター利

記事を読む

AO入試の倍率は合格率は?面接の難易度の高さが難しさの象徴

AO入試ってありますけど、結構受けている方も多いようですね。特に芸能人が大学に入学する際には

記事を読む

目黒日本大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

目黒日本大学高校は東京都目黒区にある男女共学の私立高校です。最

神奈川県立七里ガ浜高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立七里ガ浜高校は神奈川県鎌倉市にある男女共学の公立高校

都立美原高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立美原高校は東京都大田区にある男女共学の公立高校です。最寄り

九州大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや関関同立、上智大、理科大か?

九州大学を受験する予定の人は滑り止めや併願について考えておく必

鎌倉学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

鎌倉学園高校は神奈川県鎌倉市にある男女共学の私立高校です。最寄

→もっと見る

PAGE TOP ↑