メガバンク、銀行に受かる人とは?就職での身辺調査、素行調査はどこまで?

公開日: : 最終更新日:2019/06/29 学生たちの就職活動

メガバンク、銀行に受かる人とは?就職での身辺調査、素行調査はどこまで?4dc06ef42399551a01436acd0f6e080b_s

銀行に勤務をする人間は、非常に慎重に決められていると言えます。そのため、人物としての優秀さということも重要ですが、ある程度信用のおける人間か?どうかというのがチェックされている可能性もあります。銀行は特に莫大なお金を扱うところなので、信用に関しては人一倍気をつけているのです。横領なんかする社員が出てきたら、それこそその銀行の信用はがた落ちで、非常に今後の評判にもかかわってきますし、そういった点からもメガバンク、銀行の面接ではこの人は問題は起こさないか?とか、信用できる人間か?というのが、特に試されているっと言えるでしょう。そういった点を意識してエントリーシートや面接などに取り組むと内定を貰える可能性が高まるかもしれません。メガバンクなどの銀行に受かるには、何よりも人としての信用が第一ということになるのです。

 

メガバンク、銀行の面接で嘘をついてバレたら?

人としての信用を1番汚すものは何か?就職活動においては恐らく、嘘をつくということが当てはまりそうですね。嘘をついて面接を受けている人とか結構いると思いますけど、銀行を受ける場合には、他の業界以上に嘘には慎重になるべきだと思います。というのも、嘘だとバレたら、または嘘じゃないか?と思われたら、その時点で採用は厳しいかもしれないからです。後述する身辺調査のようなものも恐らくあるので、通常の企業ならばバレないような嘘も、いずれバレる可能性が高いのです。すると、銀行において嘘をつくということは、他の業界や企業よりも格段にリスクが高いです。そういったことを踏まえると、やはり嘘をつくのはやめておいた方が良いのかもしれません。調べようがないこともあるのですが、調べれば分かるようなことも多くあります。銀行やメガバンクの就職では素行調査のようなものを実施してえ、そこで信用ができそうにないと判断されたら、厳しいと思うので、そういう意味では現在の状況のみではなく、過去の自分の状況も影響する可能性があるということになります。でも、過去のことなんて変えようがないですけどね。

 

面接で嘘をついてバレたら、嘘じゃないか?と疑われたらその時点で厳しいと思うので、メガバンクや銀行に受かる人、内定がもらえる人というのは、そういった点において瑕疵がないような人ということになります。就活生が嘘をつく理由は、自分が受かりたいからですよね。でも、それを別の見方をしたら、自分が受かるために平気で人を騙すような人という捉え方をされるかもしれないです。そんな人はさすがに採用されない可能性も高いですし、嘘についてはやはり敏感になるべきです。メガバンクや銀行に受かりたいならば、嘘はできるだけつかない方が良い。どれだけ調べても絶対に分からないような嘘であれば良いかもしれません。例えば、メガバンクや銀行に対する志望動機とかですね。これは調べようがありません。その人の心の中にしかありませんから、それが本心か?嘘か?というのは調べようがないので、これは嘘でも構わないかもしれません。しかし、自分で考えて、少し調べたら分かりそうだなと思うことはやめておいた方が良いでしょう。

 

メガバンクや銀行で行われる身辺調査について

メガバンクを含めて銀行では就職にあたって身辺調査が行われるらしいです。これはほぼ行われていると思った方が良いでしょう。いつ行われるのか?というのがまた気になると思いますが、内定を貰った後というのも可能性としてはありますが、その前の段階で行われている可能性の方が高いのではないでしょうか?内定後に身辺調査をして問題が発覚して内定を取り消しするとしたら遅すぎます。問題がある学生は事前に排除しておいた方が確実ですから。身辺調査をするといっても、手間がかかるので、ある程度人数が少なくなってきたとき、選考の後半で行われると思います。メガバンクや銀行の就職で行われる身辺調査はどこまでか?というと、これは一概には言えませんが、あらゆる場所まで行われるでしょう。家族のことはもちろん、大学にまで行って行われると思いますし、アルバイトをしているならばその職場、転職の場合には前職にも照会をするでしょう。銀行への就職では本人の素行調査だけじゃなくて、家族調査もあるでしょうし、身辺調査は本当に広い範囲で行われると予想されます。したがって、銀行の就職では身辺調査の結果内定取り消しみたいなことはないと思うのです。内定を出す前にやっていれば。しかし、ある段階でやって問題があったならば、その時点で不採用が決まるケースもあります。身辺調査は親の借金とか、犯罪歴とか、自分には関係ない事柄まで調べられる可能性もあるようですから、銀行は非常に就職する難易度的には難しいと言えるかもしれません。

 

身辺調査については、自分としてはいかんともしがたいです。どこまで調査されるか?は分かりませんから。だから、毅然としているしかないのですが。少なくとも自分から信用を下げるような行為はしない方が良いということです。銀行が就職にあたって行う身辺調査の結果、本人の責任ではないが、信用に問題がありそうな事柄が見つかった場合というのもあるでしょうけど、それは運が悪かったというしかないかもしれませんけど、自分から嘘をついてそれがバレて、信用が下がるようなことだけはしない方が良いでしょう。今は分かりませんけど、以前は銀行の就職の身辺調査では探偵や興信所を使っていたようですから、ガチでそこまでお金をかけてまでやるほど、銀行は本気出していたということなのでしょう。銀行やメガバンクはある程度コネ採用もあるという風に言われることもあると思いますが、それはコネによって人を採用した方が安心感が大きいからでしょう。初対面の学生を採用するよりも、誰かの推薦や知り合いという人の方が確実に普段の素行が分かった状態で採用できるので、信用という問題に関しては上なのです。だから、メガバンクや銀行に受かる人というのは、案外コネ採用も多いのかもしれません。銀行に就職したいという人は、とにかく自分の信用を第一にエントリーシートや面接を通して、自分をアピールすることが大切だと思います。銀行への就職での素行調査や身辺調査がどこまでか?範囲が特定できない以上、自分から信用を下げる可能性のある行為はできるだけ控えるというのが大切なのです。

 

就活で内定を取るためにおすすめのナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業が登録している学生を検索して気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要な人材という評価を得られなかったということになります。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

ということは、その企業は自分への関心がすでに存在していることが確定しているわけで、そこを受ければ少しでも内定の確率が高い企業を受けられることになるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

【あわせて読みたい記事】

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

就活で留年は影響ない?関係ない?不安でも聞かれない体験談を紹介

就活においては自分が抱えているいろいろな問題を気にしてしまうことがよくあると思います。例えば

記事を読む

新卒の就活で企業選びの軸や基準は?エントリーの決め方は?

就職活動をやっていると、企業選びが本当に重要になります。就職活動の時間は有限です。つまり、限

記事を読む

就活でエントリーは何社?いくつが目安?たくさん大量に応募するのもあり!

就活をするにあたって、やはり最初はエントリーをするところからスタートします。就活はエントリー

記事を読む

鉄道会社の就職の難易度や倍率と仕事の激務の度合いの評判など

鉄道会社への就職を考えている人は魅力を感じる部分があると思うのです。鉄道業界は基本的には公務

記事を読む

銀行やメガバンクの面接、エントリーシートでの志望動機、自己PRの考え方の例

銀行やメガバンクを受ける新卒で未経験の大学生は面接での志望動機が必要になると思います。面接だ

記事を読む

九州電力の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

九州電力の就職の難易度はどれくらいでしょうか?かなり難しい会社であるという認識はあるでしょう

記事を読む

マツダの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

自動車会社として有名なマツダはかなりの大手企業で、ここに就職を考えている人は非常に多いと思い

記事を読む

ベンチャー企業へ就職のメリットやリスクは?将来は倒産が不安?

就職活動で1つ目玉になるのがベンチャー企業です。ベンチャー企業もリクナビやマイナビに載ってい

記事を読む

就活でリクルートスーツはなぜ必要?実は必要な理由はない?

就職活動では当たり前のリクルートスーツという謎のものがあるが、これはどうして必要なのでしょう

記事を読む

就活が終わらない、死にたい←運ゲーだから貴方は悪くない

就職活動って何のためにするのでしょうか?それはお金を稼ぐためですよね。何のためにお金を稼ぐの

記事を読む

甲南大学文学部の偏差値や倍率と評判は高い?ボーダーラインや入試科目や配点の情報は?

甲南大学の文系学部の中で特に難易度を把握しづらいのが文学部にな

no image
義務教育は洗脳であり、意味ない!いらない!必要のないもの!社会が変わるには学校が消えるしかない

個人的に思っているのは「学校は糞」だということです。義務教育なるものは

no image
日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安

no image
大学の学位記や卒業証書は同じ?卒業アルバムを買わない?撮りたくない人は多い?

大学の卒業証書というのは結構思い出深いです。私は数年前に大学を卒業しま

ブルボンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとして有名なブルボンは非常に大きな会社なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑