横浜国立大学でセンターの足きりの得点率で受かりやすい学部は教育人間科学部?

公開日: : その他の話題

横浜国立大学でセンターの足きりの得点率で受かりやすい学部は教育人間科学部?a4fb11a4c83fdca092eb52479b74ef15_s

関東圏の国立大学では非常に人気が高いのが横浜国立大学です。横浜国立大学は、難易度的に言うと、MARCHと早慶上智の間くらいでしょうか?それなりに難しい大学です。学部の数も少ないので、そんなに選択肢は多くないですが、非常に多くの学生がここで学んでいます。そして、4つしか学部がありませんし、うち1つは理系です。理工学部とあと3つが文系の学部みたいです。経済学部、経営学部、教育人間科学部の3つが文系の学部なので、あまり選択肢はありませんが、この中から受かりやすい学部はあるのでしょうか?どこを受けてもそれなりには難しいはずですが、この中で受かりやすい学部があるとすれば、何を基準に考えれば良いのか?も微妙ですけどね。横浜国立大学に入りたいという方は多くいると思うので、そういった方に少しでもヒントになればと思います。どこでも良いから横浜国立大学に入りたいという方もいると思いますから。

 

横浜国立大学で1番受かりやすい学部はどこか?

選択肢がそもそも文系の場合でも3つしかありません。理系の場合には一択しかないので、選びようがありませんが、文系の場合には3つから選ぶことになります。経済、経営、教育人間科学というジャンルの違う3つの学部の中から1番受かりやすい学部はどこか?受かりやすいという基準の問題もありますが、センター試験でとらないといけない点数のボーダーにもよるでしょうね。横浜国立大学では、センター試験のボーダーの得点率、どれくらいの割合をとらないと二次試験に進めないか?という問題も含んでいますが、これは1つ受かりやすい、受かりづらいの基準になると思います。では、実際にセンター試験での横浜国立大学のセンター試験のボーダーは何割くらい必要か?どれくらいなのか?というと、経済学部も経営学部もセンター試験では75~80%くらいが必要になります。その一方で、教育人間科学部は65~77%くらいという数字が出ています。この差は結構大きいと言えるでしょう。センター試験のみで決まるわけではないものの、横浜国立大学のセンター試験で必要となる得点率にこれだけ差があると、センター試験の突破可能性が変わってきますから。

 

実質的には5~10%くらいとらないといけない点数の割合が違うわけですから、これは如実な難易度の差といっても良いのではないでしょうか?横浜国立大学では、センター試験がかなり大事ですから。学部によってはセンター試験が相当重要で、センター試験のみで決まるような学部もあります。特に経済学部以外の学部は、センター試験の割合がかなり高いので、ここで失敗すると非常に痛いです。とはいっても、ボーダーを越えないと二次試験に進めませんから、ボーダーが低いことに越したことは無いのです。センター試験の足きりやボーダーで何割必要か?と言った部分で、横浜国立大学の教育人間科学部の足きりとなる点数は他の学部よりも低いわけですから、ここは1つ受かりやすい要素と言っても良いのではないでしょうか?センター試験はみんな同じ問題を解くので、単純にボーダー、足きりの点数が少ない方が有利と言っていいのではないか?と思うのです。

 

横浜国立大学で受かりやすい学部は教育人間科学部か?

一応、横浜国立大学のセンター試験の足きりの点数から、受かりやすい学部を考えてみましたが、それによると教育人間科学部が当てはまるということになります。しかし、国立大学なので、二次試験があります。教育人間科学部は、教育学部に相当する学部だと思うので、学科などを見てもそういった感じのことを学ぶことになっているようです。そして、二次試験もそれが反映されており、ちょっと難しそうだなという感じがしてます。というのも、受験科目が二次試験になっているわけではないのです。横浜国立大学の教育人間科学部は、学校教育学科と人間形成学科に分かれますが、どちらもいわゆる英語、国語、数学のような問題は出ません。かなり謎に包まれた問題として、総合問題とかが出るみたいなのです。総合問題と書かれているだけなので、具体的に何が出るのか?は表面上では分かりません。もしかしたら総合問題なので、英語や国語や数学といったものも含まれているかもしれません。そういう意味での総合なのでしょうか?是非赤本などで実際の問題を確認してもらいたいと思いますが、ちょっと二次試験がややこしいというのはあるのではないでしょうか?

 

教育人間科学部人間形成学科の二次試験には面接がある?

ちなみにさらにややこしいのが、横浜国立大学教育人間科学部の人間形成学科の後期試験の二次試験では面接なんですよ。教員採用試験とかならともかく、教育人間科学部の学部入学制の試験ですからね。しかも、推薦やAO入試ではなく、一般入試ですから、それで面接があるんですね。国公立大学の入学試験には、今後どんどん面接などの人物試験が導入されるみたいな話も聞いてはいますが、それがすでに行われている状況でしょうか?総合問題というのも、何だかややこしい感じがしますが、面接はもっとややこしいです。いわゆる過去問がないですから。対策が難しいです。そして、評価基準もわからないので、何をどうしたら評価されやすくなるか?とか、受かるための秘訣がなかなか分かりません。運ゲーにも近いので。センター試験を突破して、二次試験まで来たのに、最後は運ゲーっていうのも何かね・・・。って感じですよ。そういった点から国公立大学の人物試験の導入には反対の意見も多い。客観的に評価できないと。そういった批判も多いですが、今後本当に導入されるのでしょうか?横浜国立大学の教育人間科学部の二次試験ではすでに面接が一部の学科で導入されており、ここを受ける人はそのための対策をしないといけません。今のところは人間形成学科の後期のみですけどね。横浜国立大学のセンター試験の足きり割合、点数からいうと、1番受かりやすい学部は教育人間科学部になるのではないか?と思います。経済学部や経営学部はそれなり難易度が高いです。横浜国立大学自体が全体的に偏差値も高いですし、難しいですけど、その中で受かりやすい学部があれば、そこを目指したいというのであれば、センター試験の足きり、ボーダーの得点率や割合によると、教育人間科学部は1つオススメかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

早稲田政経と慶應経済はどっちが上?偏差値や難易度とW合格の評判などについて

早慶は私大の頂点に立っていますが、その中でも経済系の学部は互いに相当な難易度と言えます。どっ

記事を読む

大東文化大学の偏差値は低く難易度はセンター利用が受かりやすい

大東文化大学って、何か個人的に好きなんですよね。偏差値でいえばあまり高くないのですが、名前が

記事を読む

愛知大学のキャンパスの雰囲気と学生の評判や口コミ、就職率や就職実績などについて

愛知大学のキャンパスは名古屋キャンパスと豊橋キャンパスがありますが、メインキャンパスは名古屋

記事を読む

駒澤大学の滑り止めはどこがいいか?大東亜帝国が有力?併願のおすすめ候補は?

駒澤大学は日東駒専の中の大学の1つとして有名です。特に箱根駅伝で有名になることも多く、スポー

記事を読む

独裁はなぜ悪いとされるのか?メリットもデメリットもあり、恐怖政治や危険ばかりではない

独裁という言葉はあまり良いイメージを人々にもたらしません。それは民主政治とは対極に位置するものだから

記事を読む

恋愛が面倒、恋人いらない若者の割合が4割は当然の理由がある

現代は昔と価値観がかなり変わっている感があります。恋人をいらないと感じている若者が増えている

記事を読む

南山大学のキャンパスの雰囲気や評判と交通アクセスと就職について

愛知県の私立大学というと、やはり南山大学は最初に思い浮かびますよね。もっと関西の方に行けば、

記事を読む

公募推薦は欠席日数や遅刻は関係する?部活やってない、帰宅部は不利?受からない?

推薦入試というのは一般入試と同様に幅広く行われている入試形態になります。高校受験や大学受験で

記事を読む

日本の景気回復は見込みなし!よくならない理由、悪い原因と良くするには?どうしたら良い?

日本の景気はずっと悪いとされています。この状況はいつまで続くのでしょうか?景気がよかった時代

記事を読む

京都文教大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点の情報について

京都にある私立大学としてはちょっと変わった学部のみを揃えているのが京都文教大学になります。こ

記事を読む

三井物産の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

三井物産の就職の難易度はどうなっているのか?かなり有名な企業だ

筑波大と九州大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

筑波大学と九州大学はどっちが上でしょうか?実際にこの2つで悩む

関西学院大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめは関関同立やMARCH、産近甲龍か?

関西学院大学を受験する人、第一志望であるという人は滑り止めや併

アルフレッサの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

アルフレッサに就職したい人はまず難易度を理解しておきましょう。

筑波大学の滑り止めや併願先はどこがいい?おすすめはMARCHや早慶、関関同立あたり?

筑波大学を受験する人はどういったところを滑り止めにするのか?そ

→もっと見る

PAGE TOP ↑