電車で音楽の音漏れにイライラしても撃退する対策は注意以外とれない

公開日: : その他の話題

電車で音楽の音漏れにイライラしても撃退する対策は注意以外とれない765bf3653fae3850ae968d79af89409e_s

電車の中というのは、大勢が乗り合わせる場なので、いろいろとトラブルの元になりやすいです。そういう場ならば、鉄道会社がある程度ルールを決めてもらって、それに従ってもらうというのが、1番良いと思うんですよね。それに従えない人間は乗るなということでしょう。で、電車の中でよくありがちなのが、音楽を聴いている人の音漏れです。これは昔からあったと思うんですけど、未だにあるんでしょうね。私も電車の中で音楽を聴きますが、音漏れをしているのか?は分かりません。聴いている本人は音楽しか聴こえないので、どの程度イヤホンから漏れているのか?は全く分からないでしょう。他人の音漏れはわかっても、自分のはなかなか認識できません。だから、本人も気付けないという問題もありますけどね。ただ、イヤホンからの音漏れといっても、ケースバイケースですよ。音の大きさも人によって違うし、その音漏れにどれだけの人がイライラするか?は分かりません。

 

音漏れをさせる方が悪いのか?イライラする方が神経質なのか?

これはどちらもありえるでしょう。ある音漏れがあって、その音にイライラする人は、音漏れをさせている方が悪いとかなりの確率で思うでしょう。しかし、音楽を聴いている方は、よほど大音量で聴いているとか、イヤホンが耳からずれているとかなければ、イライラするあなたが神経質すぎるのでは?と思うかもしれない。この場合、どちらがより悪いのか?その判断はできません。どっちにも肩入れできないからです。というか、人によって判断というか、どっちが悪いと思うか?は違うでしょう。別に多数決で決まるわけではないので、どっちが悪いのか?決めようがないのです。周りの人間も、どっちがより悪いか?と心の中では思っているかもしれませんが、それは割れている可能性もあります。そうなると、どうしようもないです。答えは出ません。どっちも悪い可能性がある。ということを残すのみなのです。

 

鉄道会社は恐らく対処はしてくれないと思う

ケースバイケースでどっちが悪いのか?を決めるのは鉄道会社しかありません。ただ、現実的には、鉄道会社も乗客間のトラブル全てを解決するのは無理なので、基本的には乗客同士の話し合いで解決してくれと言ってくるでしょう。つまり、音漏れがうるさいと感じて、車掌さんとかに駆け寄っても現実的には対応はしてくれないと思いますよ。ラジカセで大音量で聞いているならまだしも、音楽プレイヤーでイヤホン越しに聴いているのならば、そりゃ音漏れくらいするでしょう。と言われておしまいじゃないでしょうか?仮にうるさいと感じても、それがうるさいと思える範疇に収まっている(耳に明らかに悪影響があるとかでないなら)ならば、恐らく鉄道会社もノータッチでしょう。それくらい我慢してくださいで終わりだと思います。現実的には多分こうなると思う。つまり、音漏れがうるさいならば、耳栓でもしてくれという対応になるんじゃないですか?鉄道会社としても困るんですよね。音漏れの程度っていうのが、ケースバイケースで全く異なるはずですから、対処をした方が良い場合とそうじゃない場合があるはずで、そうなると、苦情に対して1件ずつ当たっていかないといけないので、とても人数が足りないでしょう。そうなると、ある程度乗客同士で解決させるしかないので、現実的には音漏れに関しては鉄道会社は何もしてくれないケースが多いと思いますよ。音楽を聴くことは恐らく妨げられないはずで、禁止行為ではないはず。そして、音漏れに関してもよほどのものでない限りは容認の姿勢なんじゃないですかね?音漏れ程度のトラブルにいちいち対応していたらキリがないというのが本音だと思います。

 

何故、音漏れにイライラするのか?

私も結構電車の中で音漏れに遭遇しますが、私は気になったこと、イライラしたことは1度もありません。実際にイライラした場面に遭遇した人というのは、どうやら音漏れの発する音の性質が嫌みたいなんですよ。シャカシャカするような音がどうも気になるみたいです。その程度の音ならば、電車の走行音や周りの話し声の方がよっぽど大きい気もするが、要は音の大きさではなく、音の性質、種類と言うのでしょうか?そういうのがダメみたいで、そこにイライラを感じてしまう原因があるようです。要はうるさいというよりは、その音が嫌いという感じなのではないでしょうか?音の大きさではないのだから、これは規制のしようがないですよね。法律とかで規制されている騒音の類は、基本的に音の大きさなので、生活を送るのに明らかに支障が出るような騒音は禁止されているわけですが、その生活に支障が出るか?否かの基準は音の大きさです。あまりにもうるさい音というのは、一律に全員にとって損害だろうという判断があるんでしょうけど、音の種類に関しては、確かに特定の音が特定の人にとって不快に感じることはあるが、それまでを規制し始めたらキリがなくなってしまう。各人がそれぞれ苦手な音を規制したら、出せる音なんかなくなりますからね。例えば、街中でうなぎを焼いて売っているお店があったとして、香ばしい良い匂いだなと感じる人もいれば、この匂いが服についたら嫌だ!という人もいるでしょうから、そんな感じでしょうね。法律はちょっと話が飛躍し過ぎかもしれないが、少なくとも鉄道会社は、音漏れに関して規制は恐らくできないでしょう。

 

音漏れ防止のイヤホンなどもあるが

音漏れ防止のイヤホンも実際に売っているみたいなので、それを使うと幾分かマシになる可能性はあります。私は使ったことがないので、性能は分かりませんが、普通のイヤホンよりはマシなのかもしれません。ヘッドフォンを使っている人もいますよね。ヘッドフォンの場合には耳とヘッドフォンとの隙間が空きやすいので、どうしても音漏れの度合いが大きくなりやすくなります。ヘッドフォンの方が確かに音質は良いのかもしれないが、電車の中ではイヤホンにした方がトラブルにはならないでしょうね。家の中とか、人がいないような場所でヘッドフォンにした方が良いかもしれないです。あとはしっかりと装着すること。そして、音量に気をつけることなどが、できる対策になりますが、それらも限界がありますからね。少々の音漏れはもはやしょうがないレベルでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

羨ましい人も!スポーツ推薦のメリットやデメリット、問題点は?頭悪い、バカは本当か?

f 大学にはいるのにスポーツ推薦を利用するという人もいます。スポーツ推薦はスポーツフロンティア

記事を読む

部活動はなんのために?だるい、めんどうくさいからサボると怒る奴いるし、あり方を考え直すべき

学校での部活動ってなんのためにあるんですかね?部活動のあり方を考える機会が私もあったのだが、

記事を読む

大卒程度の参議院事務局の総合職の難易度、筆記と面接の倍率は?人物重視の試験種か?

参議院事務局の職員の採用試験の総合職は主に大卒者が対象になっていますけど、この試験はかなり難

記事を読む

内部進学で大学入学は頭が悪い?せこい?学力差や就職に不利は本当か?

大学に進学する方法はいろいろとありますが、その中で内部進学というのも1つの手になります。これ

記事を読む

明治大学法学部の偏差値や難易度は?合格最低点が高く、基礎の勉強が大切か!?

明治大学の中では偏差値的に抜けている学部はないものの、伝統的に強いのが法学部です。司法試験の

記事を読む

同志社と関西学院のレベルはどっちが上か?の比較、イメージや雰囲気の違いと就職の差はある?

関西では関関同立の人気が高く、私大を受験する人は関関同立を目標にしている受験生がとても多いと

記事を読む

大学の入学式に出るときの髪型、髪色は自由で良いと思う

大学の入学式というのは、高校までとは違います。高校まではほぼ強制に近く、休みたいのであれば、

記事を読む

聖心女子大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点と入試科目について

聖心女子大学というのは名門の女子大として、非常に人気で女子学生が多く受けています。聖心女子大

記事を読む

大妻女子大学と大東亜帝国、日東駒専はレベルでどっちが上?就職はどっちがいいのか?

大妻女子大学は女子大の中では知名度もありますし、難易度もそれなりに高いです。ただ、共学の大学

記事を読む

神奈川大学の国際日本学部と国際経営学部の偏差値や難易度、評判の予想について

神奈川大学ではみなとみらいキャンパスの設置に向けて、新学部の設置が発表されています。2021

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑