記事作成はバイトより稼げる!主婦や学生の在宅ワークの探し方は?

公開日: : 副業、お小遣い稼ぎ

記事作成はバイトより稼げる!主婦や学生の在宅ワークの探し方は?54f529f8ab07364f58faeee5d684fb71_s

在宅でできる仕事って、かなり種類があります。インターネットがあることで、家の中にいながらできる仕事の数がとても増えました。したがって、お小遣い目的やフリーランスで働くという目的で、雇用されなくてもお金を稼ぐ手段がかなり増えたのです。そういう時代ですから、便利なツールを利用していかないと損ということになります。主婦や学生など、働きに出ている人と比べたら家の中にいる時間が相対的に長い人ほど、その時間を有効活用して、お金を稼ぐと、お小遣いが増えたり、家計の足しになったりするので、便利です。では、具体的に在宅ワークとしてはどういう仕事があるのでしょうか?いくつか種類があるので、全部は紹介しきれないのですが、その中で私も実際にやっているオススメの記事作成という仕事についてここでオススメな理由を紹介していきます。

 

記事作成は初心者でもすぐに稼げるのがポイント

この記事作成っていうのは、どういう仕事か?っていうと、簡単に言うとパソコンで文章を作成するということになります。まだよく分かりませんよね。実際にやってみるのが早いと思いますけど、「〇〇なテーマで文章を作ってください」という依頼に応えて、自由に文章を作り、それを提出すると、1記事あたりの報酬がもらえるという仕事です。例えば、「 shinobiライティング」というサイトで、この記事作成ができます。だいたい文字数、テーマが決められているので、その範囲の中で自由に文章を作れば良いという単純作業になります。必要なことは文章を考える力とそのテーマに沿った知識です。知識が無い場合には、ネットで調べてから書いても構いません。だから、結局誰でもできる仕事となるのです。1記事あたり単価が決まっていて、書いた記事数×単価で報酬が貰えます。このShinobiライティングの場合には、文字数で単価が増減しています。400~600文字程度が多く、1記事5分前後あれば書けると思います。調べたりすると時間をとられますけどね。

 

400文字で80円、500文字で100円、600文字で120円くらいが相場になっている気がしますから、文字数の多い案件を選んだ方がたくさん稼げるということになります。Shinobiライティングは、テーマや文字数が違う案件が随時たくさん並んでいて、その中から書きやすそうなものを自由に選んで投稿することができます。ちなみに私がやってみた感じだと、600文字案件は1時間で8記事くらいは書けるかな?という感じです。だから、時給1000円くらいは稼げることになります。私はタイピングスピードはそこそこ速いくらいかな?という感じで、良い等ライター業に慣れているので、これくらいです。タイピングの速さやこういった記事作成の仕事への慣れの程度によって、稼げる効率性も変わってきますが、記事作成への仕事の慣れは大丈夫だと思います。ある程度こなしていければ、勝手が分かってきますし、慣れるのは早いと思います。私は1時間余裕を持たせながらやった場合なので、休憩などを間に一切挟まずにやれば、600文字を10記事は書けると思うので、1200円以上はいけるでしょう。1200円以上稼げたら、バイトの中でもかなり良い方ですよね。

 

稼ぎたい人は稼げるだけ取り組むことができる

この仕事の特徴としてはこれが挙げられます。つまり、バイトとかで働く場合って、もっと稼ぎたいから、まだ働きます!とか言えないですよね。もっと稼ぎたいので24時間働きます!とか言っても、そんなのは無理だと言われるケースがほとんどでしょう。つまり、稼げる金額の限界が存在してしまうことになります。時給も固定されていますから。ただ、こういった記事作成の仕事は、極端な話、24時間働き続けることも可能です。それはインターネットにつながる環境さえあれば、24時間いつでも、どこからでも仕事に取り組めるからです。だから、稼ぎたい人はどれだけたくさん働いても構わないのです。そして、効率性を上げていければ、実質の時給も上がることになります。だから、稼ぎたい人は好きなだけ稼げてしまうのです。また、アルバイトは決まった時間に出勤しないといけませんが、この仕事は出勤という概念がありません。家の中で行えるので、家を出る必要ないのです。家の外でやっても構わないですけどね。ネットさえつながれば。場所は自由です。また、決まった時間に働き始めないといけないといったこともないので、働き始めたいときに仕事をすれば良いということになります。今日は1日中忙しいから、今日はやらないとか、今日は1日中暇だから、朝から夜までずっとやる!とか、1時間だけ暇になっちゃったから、仕事でもするか。といった感じで、その日その日の都合に合わせて、24時間いつでも仕事を始められるのも便利ですね。

 

記事を書けば書くだけボーナスが加算される!

サラリーマンいはボーナスがあったりしますが、バイトはまずありません。ただ、この記事作成はボーナスがあるんですね!そんなにたくさんは貰えませんけど。このShinobiライティングでは、文章を書けば書くほどプラスして報酬がもらえる制度があります。それはほぼ毎月やっているみたいですが、ボーナス対象案件があって、それを書いていって承認されると、ボーナスが加算されていきます。5記事承認で50円、50記事承認で500円だったかな?確かそれくらいの金額だったと思います。金額としてはあまり多くありませんが、書けば書くほどもらえるお金が増えていくというのは、モチベーションのアップにつながるかもしれません。微々たるものかもしれませんが、ボーナスもらえないよりはマシでしょうから。このShinobiライティングは、お小遣いを稼ぐ目的でも家計の足しにする目的でも、それ以外でも利用できます。無料で始められるのもありますが、パソコンでタイピングをするだけなので、誰でもすぐに始められて、お金になりやすいです。バイトやパートは採用されないと仕事が始められませんが、こういった仕事は面接もなく、ただ登録すれば、今日にでも仕事が始められえて、収入になります。しかも時間帯や場所はいつでも、どこからでも好きなように選んでできるので、本当に内職や在宅ワークとしてはオススメになります。働いているサラリーマンも副業として始めるのに最適ですよね。自分が暇な時間にできるので、家に帰ってきてからとか、休みの日に取り組めますから。もちろん、それ以外の人にとっても非常にオススメできますから、良かったら参考にしてみてください。

簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

働いても給料少ない、上がらない悩みを解消するのに最適な副業

世の中で働く人たちの中で給料に満足いっている人は少ないでしょう。正社員だろうが、非正規だろう

記事を読む

副業、お小遣い稼ぎ目的で、ランサーズで効率よく稼ぐ方法

大手クラウドソーシングサイトの「Lancers」ですが、私も日頃から利用させてもらっています

記事を読む

クラウドワークスのライターの仕事は本業でも副業でも稼げる!

クラウドソーシングサイトが非常に活況を呈しており、それを利用してお金を稼ぐことが割と容易にで

記事を読む

社会不適合者でもネットで稼ぐ方法はいくらでもある

就職できないとか、就職したくないという人はどんどん増えてきていると思います。それは昨今世間を

記事を読む

お小遣いが少ない、足りない高校生がネットで簡単に稼ぐには?

高校生は大学生と比べてアルバイトをしている人は相対的に少ないです。大学生は過半数はアルバイト

記事を読む

学生やサラリーマンが簡単に、いつでもどこでも稼げる副業

お小遣いが少ないサラリーマンや学生などの方は当然、それに満足していないでしょうし、何とかして

記事を読む

お小遣い足りない、少ないニートが在宅でバイト以外で稼ぐには?

働く気がないニートではあるが、お金を稼がないといけない状況というのもあるでしょう。それは自分

記事を読む

副業を禁止されているサラリーマンが収入を増やすには?

サラリーマンは多くの場合で会社から副業を禁止されている、または制限されていると思います。理由

記事を読む

金欠、金がないニートの人が在宅で今すぐに気楽に稼ぐ方法

ニートの方々は、日々金はどうしていますか?どういう生活を送っているか?にもよると思うのですが

記事を読む

ニートは生活費どうしてる?お金はどこから稼ぐ?

今やニートの人は全国に数十万人単位でいるらしい。個人的にはもっといると思いますけどね。35歳

記事を読む

伊藤ハムの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

伊藤ハムに就職をしたいと思っている人は多くいるでしょう。伊藤ハ

ドン・キホーテの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

ドン・キホーテに就職したい人はまず難易度を知っておきましょう。

CBCテレビの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

CBCテレビに就職をしたいと思っている人もいるでしょう。中部日

ツムラの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ツムラと言えば、漢方のイメージがあると思いますけど、こういった

コーエーテクモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

コーエーテクモの就職の難易度についてまずは知っておいてほしいで

→もっと見る

PAGE TOP ↑