評判の学習院大学の国際社会科学部の難易度や倍率はかなり高いと予想

公開日: : 最終更新日:2016/08/12 その他の話題

評判の学習院大学の国際社会科学部の難易度や倍率はかなり高いと予想 – Retire in their 20sd926855d75feae78b7b81927e0d7be52_s

学習院大学に2015年から新たに創設されるのが国際社会科学部です。学習院大学は、ずっと新しい学部を設置せず、ずっと文学部、法学部、経済学部、理工学部でやってきましたが、この度新しい国際系の学部を創設しました。今流行って感じの学部で、名前からいって人気が出そうです。2015年度は初年度の募集なので、ちょっと難易度や偏差値、そして実際の倍率は予想できませんが、私はここは人気出ると思いますし、難しいと思います。というのも、他の大学の国際系の学部がどこも非常に難しく、同じ大学の中でも偏差値が高いからです。世おなかの流れもあるんですかね?こういう国際系の学部はどこも作る流れになってきていますね。有名大学であれば、国際系の学部を置いていないのは、慶應義塾大学、中央大学くらいでしょうか?マーチ以上だとこのくらいですね。それいがいの大学はだいたい何かしらの国際系の学部を持っています。そして、どこも受験生に人気だし、偏差値が高いのです。

 

国際系の学部人気の流れは学習院大学にも

例えば、早稲田の国際教養、上智の外国語、立教の異文化コミュニケーション、青山学院の国際政治経済、法政のグローバル教養などは、z全て英語を学べる国際系の学部ですが、これらh総じて偏差値が高いですし、大学の中でも1番という学部もあります。英語が得意であれば、それだけでも受かる可能性があるくらいに英語をできる受験生を優遇しているのかもしれませんが、入学してからの授業についていけるか?が問題なのです。入学後の授業が他の学部と差別化されているくらいの難易度で、どこも非常に難しく、英語に自信のない人(まずそんな人は受からないと思うが)が入っても卒業が難しいです。だから、安易にこういう学部を選ばない方が良いと思います。確かに国際系の学部ってオシャレだし、雰囲気良さそうだし、偏差値高いし、就職でも有利かもしれないしと思うかもしれませんが、卒業できないと意味がないですからね。そういう点も踏まえて、この学習院の国際社会科学部も考えていきましょう。

 

国際社会科学部の授業一覧を見て驚いた

学習院大学の国際社会科学部の公式ホームページを見ると、履修できる授業一覧が載っていますが、これを見ると、非常に大変そうですね。何が大変そうかっていうと、英語の授業名がかなりあります。たいていには日本語で授業名が表記されることが多いのですが、アルファベットが並んでいて、日本語の授業名よりも多いんじゃないかな?恐らく英語で表記された授業名は、英語のみ授業になりそうです。講師も外国人の人だと思います。この国際社会科学部は、大学で学ぶ全般のことを幅広く、国際的に学ぶことが目的みたいで、法、経済、経営、社会を通して、国際情勢の今や問題点について学んでいく学部なので、楽しい人は楽しいと思いますが、やはり英語がある程度のレベル以上ないと、楽しい、楽しくない以前に理解できないという状況も生まれかねません。だから、本当に英語が得意な人じゃないとついていけない、卒業できない可能性があります。

 

国際社会科学部の入学試験の難易度は?

ホームページに入学試験の概要が載っていますが、入試科目は他の文系学部と同様に英語、国語、選択科目です。他の学部との1番の違いは英語の配点ですね。法学部、経済学部、文学部は英語が150点なのに対して、国際社会科学部は200点です。やっぱり英語重視なんだなと思いました。英語を重視するならば、英語だけの1科目入試とか、リスニング試験を加えての試験とかもやっても面白いかな?と思いますが、そういうのはやってないみたいですね。あと国語は漢文が出ません。選択科目は、日本史、世界史、政治経済、数学から選べて、地理などは選択できません。初年度がどうなるか?分かりませんが、恐らく偏差値てきには結構上がると思います。学習院の文系学部が59~61くらいだと思うので、61~62くらいはいくかもしれないです。もっと高くなるかもしれません。いずれにしても、初年度から倍率も高くなると思いますし、人気も上がると思うので、偏差値も高くなりそうです。入学後に困るというのもありますが、入学前にすでに英語がかなり得意じゃないと厳しいと思います。英語に自信がある人がこぞって受けてくると思うので。

 

そして、問題は対策ですよね。過去問がしばらくは出ないと思います。数年経って、過去問が数年分集まれば赤本になると思いますけど、赤本が無い時点ではどうやって勉強すれば良いのか?これは出題傾向を予想するしかありませんが、変わった問題が出ないとも言えません。ただ、そんなことを言ってもどうしようもないので、これは学習院大学の他の学部の過去問をやるのが1番だと思います。文学部、法学部、経済学部の過去問をやってみましょう。問題の傾向は類似していないかもしれませんが、レベルはある程度近いのではないか?と思います。特に国語と選択科目に関しては。英語だけはちょっと難しくなっている可能性もありますし、傾向が違う可能性もあります。だから、過去問対策のみで十分とは言えませんが、それ以外にできることってななかなかないと思います。後はもしかしたらオープンキャンパスに行った受験生は情報を得ているかもしれません。オープンキャンパスは、新学部の情報についてもある程度話してくれていると思うので、それに参加した人は、多少の入試予想や傾向を教えてくれているかもしれないのです。だから、そういうところでオープンキャンパスに行ってないと差が生まれてしまうかもしれません。受験は情報戦でもありますから。ただ、英語の実力が高ければ、どういう問題が来ても対応はできるでしょうし、素の英語力が何よりも大切なのは言うまでもないと思うので、特に英語に時間をかけて、英語の偏差値を上げつつ、総合的な英語力を上げてこの国際社会科学部に挑んでいってほいしと思います。それくらいの覚悟がないと英語で太刀打ちできないと思いますし、現実的に合格は厳しいのではないか?と思うのです。ある程度評判も高そうですし、目白キャンパスの雰囲気も良いし、立地も良いので、ここに合格できたら良い大学生活が送れると思います。

 

学習院大学のパンフレットと願書が無料で届く

学習院大学を目指している受験生、または高校1,2年生は「リクナビ進学」から、無料で大学案内のパンフレットや願書が請求できます。願書は通常は本屋などに売っていて、お金がかかりますが、ここから請求すると無料なので、是非知っておいてほしいですね。そして、パンフレットの方に関しては、学習院大学の入試に関して、どういった入試方式があって、どういう科目で配点はいくつか?そして、過去の入試結果のデータも載っていると思われます。学習院大学の入試について知るには1番でしょう。そして、学習院大学に入学したらどういうキャンパスライフを送るのか?について、例えば授業はどういう感じか?ゼミやサークルはどういったものがある?卒業後にはどういう進路を歩んでいるのか?そして、大学のキャンパスの雰囲気などが一目瞭然でしょう。ホームページなどにも載っていないことが多いので、ここでしか知ることができない学習院大学の魅力が分かると思います。リクナビ進学のトップページの検索窓から「学習院大学」と入れて検索すると、パンフをもらう、願書をもらうのリンクから必要事項を記入して請求ができます。無料なので、良かったら参考にしてみてください。

《高校生注目》リクナビ進学で学校パンフをまとめて請求

 

【あわせて読みたい記事】

学習院大学のキャンパスの雰囲気や授業、就職の評判は?

学習院大学の英語、国語、社会科、数学の入試の傾向や難易度と対策、勉強方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

早稲田大学法学部の偏差値や難易度はトップクラス!評判も実績も高い

早稲田大学では、やはり看板学部としては政治経済学部が偏差値でも、知名度でもトップに君臨してい

記事を読む

青山学院と学習院のレベルはどっちが上か?文学部、法学部、経済学部で比較!イメージや雰囲気の違いは?

GMARCHという感じで、予備校などで扱われることも多いですけど、このGMARCHというのは

記事を読む

AO入試では資格は有利になる?英検2級や準1級などは?資格なしは不利にはならないと思う

AO入試というと、徹底した人物入試という感じがとてもする入試形態になると思います。面接や小論

記事を読む

MARCHの頭いい順の格付けは?各大学のそれぞれのイメージや特徴、印象などを書いてみた

大学受験では難関大学のギリギリのラインに設定されることも多いMARCHですが、このMARCH

記事を読む

同志社大学文学部の評判、偏差値や難易度は高い!倍率は易しめ?

同志社大学の中でも伝統的に看板学部という呼び声も高いのが文学部です。同志社大学文学部は、意見

記事を読む

成蹊大学の全学部統一E方式の受験科目は2科目!難易度や倍率はどうか?過去問は売っている?

成蹊大学では全学部入試がスタートしており、そのことが大学のホームページにも載っています。全学

記事を読む

実践女子大学と大東亜帝国、日東駒専はレベルはどっちが上か?就職はどっちがいい?

実践女子大学というのは女子大の中だとそれなりにメジャーな方で学部も多くありますし、レベルは中

記事を読む

おせち料理、年越しそば食べる割合は?食べない人が増加中

今の若い人たちを中心にして、年越しそばやおせち料理を食べないという人が増えているそうです。そ

記事を読む

専修大学で受かりやすい学部は難易度的に商学部と経営学部?

専修大学は偏差値的に見ても中堅大学で、日東駒専の一角として全国的に知名度のある大学です。広島

記事を読む

大阪経済大学と産近甲龍、摂神追桃はどっちが上か?難易度やレベルで比較してみた

大阪経済大学と言えば、関西地方の有名大学で関関同立や産近甲龍ほどの知名度はないかもしれません

記事を読む

都立立川高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立立川高校は東京都立川市にある男女共学の公立高校です。最寄り

千葉県立小金高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立小金高校は千葉県松戸市にある男女共学の公立高校です。最

千葉県立安房高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立安房高校は千葉県館山市にある男女共学の公立高校です。最

千葉県立柏中央高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

千葉県立柏中央高校は千葉県柏市にある男女共学の公立高校です。最

水城高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

水城高校は茨城県水戸市にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑