デートの代金が割り勘はありえない、嫌だという女性は脈なし

公開日: : その他の話題

デートの代金が割り勘はありえない、嫌だという女性は脈なし2a08dcd256c1a337029373ac70937ca6_s

男性と女性がデートする場合に割り勘にすべきか?というのは永遠のテーマとして、いろいろなところで見ますが、これは男性と女性で考え方が違うらしい。男性は割り勘にすべきという意見が約半数だが、女性は男性に多めに払ってもらいたいと考えている人の方がかなり多いみたいです。関係性にもよるかな?って感じですけどね。こういうのって、ある意味駆け引きじゃないですか?だから、女性が割り勘は嫌だとと強気に出られる理由があるのであれば、それぞれのカップルの問題だから、それで良いのでは?というのが個人的意見です。つまり、男性の方が勝手に思いを寄せており、女性の方は男性に対してあまり関心がないような場合には、女性は最悪その男性から嫌われても構わないと言える状況かもしれないので、割り勘だったら嫌だ!とか、全部奢ってくれないと嫌だ!と強気に出ても不思議ではないかもしれないのです。

 

割り勘にした方が良いだろうと思うケース

割り勘にした方が良い場合っていうのは、お互いがお互いのことを好きなケースでしょう。先ほどの例みたいな女性が好きでデートしているわけではなく、ボランティア感覚でやっている場合には、別に割り勘でも構わないが、女性が割り勘じゃ嫌!と言ってくることも一応正統性はあるでしょうね。嫌なら私は行かない!というのもありでしょうから。それを踏まえて男性が、じゃあオレが奢るよ!と折れるか、こんな女は御免だ!と諦めるのも、男性側の自由です。そうじゃなくて、一応恋人として付き合っていて、お互いがお互いを好きな状態ならば、すなわちお互い別れたくない存在ってことですよね。ならば、その関係性を崩さないのは、お金に関してはきっちりしておいた方が良いだろうし、割り勘が1番しっくりきそうな気はします。好きな人に貢いでいるわけではないので、お互いが1番納得しそう、もめそうにないのは割り勘にすることじゃないですか?

 

割り勘はありえない!憤慨する女性たちがいる・・・

【男嬉し泣き】デートで割り勘なんてお断り「それ、もう通用しません」』のページには、以下の文章が書かれていますね。

実は「別に割り勘でもいい」と、思っている女性も多いのですが、中には男性に対して辛口のコメントも…。

(中略)

「自分のためにお金を掛ける意気込みがないのか?」「安っぽくみられているようで嫌だ」など、男性が食事代などを奢られないことにより「女性自身のプライドを傷つけられる」ようです。

しかし、そう思う反面、多くの女性は男性の経済状況を知っているようなので、割り勘にそこまで抵抗はないようです。

 

個人的感想を述べさせてもらうと、どんなに好きな女性であっても、これらの言葉を言われたら、その場で見捨てて帰りますね。私なら多分そうする。随分、都合が良い言い分ですね。というか、これらの言い分って、男性に対してもそっくりそのまま当てはまるわけ。それを女性自身が言うならば、男性が同じ切り返しをしたって良いわけです。つまり、それを言うってことは、男性に対して奢らない女性自身にも降りかかってくるってこと。でも、多くの女性はそれは違うと絶対に言うでしょう。男性の場合にはそんなことは当てはまらないと。ただ、それはつまり、男性は奢られる必要性なんかないが、女性は奢られて当然という、男性蔑視の傾向があるということですから、そんな人と付き合えませんよ。だいたい、こういうことを言う人は、恐らくレディーファーストにもうるさい気がする。欧米では(ryとは持ち出して、日本人がレディーファーストをしないのがおかしいと言ってくる人もいる。そういう言葉に対して、男性からはだいたい罵声が飛んでくるが、男性の考えからすればそんなもんです。レディーファーストはするもんじゃなくて、したいものだ。だから、されないということは自分がその程度の女性ということになってしまう。「自分のためにお金を使う意気込みがない」とか、「安っぽく見られて嫌だ」とか言うけど、じゃあそう思われないように貴方たち自身が努力をしようという気は全くないのか?男性が悪いと一蹴しているようだが、自分自身に原因があるという思考には全くならないのか?どうも自分本位な気がして、こんな女性はこちらから願い下げだ。

 

割り勘はありえないと豪語する女性は脈なしだと思う

そもそもね、デート代の金額で割り勘っていうのは、お互いの収入状況がそんなに差がないのであれば、客観的に見たら一応公平には見える。だから、1番揉めるケースが少ないように思います。ただ、それを選ばない女性、それを嫌う女性の心理を考えると、奢ってもらえないと嫌だ!とか、少しくらいは多めに出して欲しいとか、言ってくるのならばあなたに対して愛情はほとんどないと思う。付き合っている場合は例外かもしれないけど。だって、普通に考えてね、少なくとも男性に対して好意的な気持ちが少しでもあるならば、普通は嫌われたくない心理が働く気がします。すると、男性が最初から奢るとか、多めに払うといってくる場合はともかく、男性が割り勘でと提案してきたときに、難色を示したら、間違いなくその反応は相手に伝わるし、伝わったら嫌われるかもしれない要素にある。つまり、本当に好意的な気持ちが少しでもあるならば、多くは割り勘を受け入れる気がする。逆に受け入れないってことは、冒頭でも話したよな、傲慢な態度を貫いた結果、嫌われも良いと思っている可能性も高い。つまり、男性に対してあまり興味がないという意思表示です。だから、今後男性が気になる女性をデートに誘ったときに脈ありか?どうかを確かめるときには、割り勘をあえて提案してみるのも良いかもしれないです。これを応用すると、付き合っている恋人同士にも使えるかもしれないが。付き合っているカップルでも、割り勘を拒否するような態度が表れたら、それは彼女があなたに対しての愛情が薄れている証拠かもしれない。愛情があるならば、嫌われる行動はできるだけ避けるだろうし、1番文句が出づらいだろう支払い方法にすら不満の顔を覗かせるとしたら、それは彼女にとっての貴方はその程度の存在かもしれないということです。世間の男性諸君は肝に銘じておいたほうがいいかもしれないです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

入社式で男と女の髪型でワックスやパーマはOK?アパレル業界はどうする?

毎年春に一斉に新入社員が入社することになりますが、それを踏まえて、入社式での髪型といったもの

記事を読む

帝京大学と国士舘のレベルはどっちが上で頭いい?文学部、法学部、経済学部の比較やイメージと雰囲気の違いを考えてみた

体育会系のイメージが割とあるのが帝京大学と国士舘大学だと思うのです。この2つは本当にスポーツ

記事を読む

摂南大学の入試科目や難易度から言って受かりやすい学部は?

関西の大学は結構いろいろな大学があるので、知らない人もいるかもしれませんが、関西では「摂神追

記事を読む

東洋大学の看板学部は?学部の序列や順位を難易度でランキングにしてみました

首都圏の私立大学では中堅大学になりますが、規模も大きくて有名なのが東洋大学です。東洋大学は学

記事を読む

学習院大学の偏差値で入りやすい学部は文学部!倍率や合格最低点、ボーダーが低い日東駒専レベルの学科がある!

学習院大学と言えば、学部が少なくて少数精鋭の学生が学んでいるという印象ではありますけど、学習

記事を読む

駒澤大学の入試の難易度は易しめ?英語、国語、社会科の傾向と対策

駒澤大学を受験予定の方は、事前に傾向や対策を知っておいた方が良いです。自分なりに調べて傾向を

記事を読む

MARCHでおすすめの大学はどこがいい?人気、ブランド、就職がいい大学は?

大学受験では難関私立大学として総称されることも多い「MARCH」ですが、この5つの大学になん

記事を読む

早稲田大学文化構想学部の英語や国語、社会科の難易度や傾向、勉強法やと対策は?

早稲田大学文化構想学部の入試問題は早稲田大学の中でも、他の大学と比較してもちょっと傾向が特殊

記事を読む

やる気を出す受験勉強の1日のスケジュール!1日何教科?何時間やるべき?

大学受験の勉強をするときには、1日にどれくらいの時間やると良いのでしょうか?また、1日に何教

記事を読む

バイト辞めたいが人手不足で辞められない、言えない場合どうする?

バイトを辞めたいが、辞められないという人たちが非常に多いようです。どうしてか?っていうと、い

記事を読む

甲南大学文学部の偏差値や倍率と評判は高い?ボーダーラインや入試科目や配点の情報は?

甲南大学の文系学部の中で特に難易度を把握しづらいのが文学部にな

no image
義務教育は洗脳であり、意味ない!いらない!必要のないもの!社会が変わるには学校が消えるしかない

個人的に思っているのは「学校は糞」だということです。義務教育なるものは

no image
日本銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本銀行に就職したい人もいると思います。日本銀行は日本で最も安

no image
大学の学位記や卒業証書は同じ?卒業アルバムを買わない?撮りたくない人は多い?

大学の卒業証書というのは結構思い出深いです。私は数年前に大学を卒業しま

ブルボンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

お菓子などのメーカーとして有名なブルボンは非常に大きな会社なの

→もっと見る

PAGE TOP ↑