アフィリエイトで稼ぐための参入ジャンル、商品選定のコツは?

アフィリエイトで稼ぐための参入ジャンル、商品選定のコツは?アフィリエイトをするときに考えないといけないのがどのジャンルに参入するか?ということです。初めはそういうのがよく分からないと思うんです。どのジャンルが良いのか?どういった商品を扱っていけば良いのか?という点です。これははっきり言って経験によるところも大きいです。アフィリエイトをある程度やっていって、見えてくることもあるので、いきなり効率的に稼げるジャンルを見つけるのは、なかなか難しいです!玄人の人たち、稼いでいる人たちも、なかなかこれ!ってあまり言えないと思うのです。それは結果論みたいなところもあるし、稼げるジャンルがどうして稼げているのか?因果関係を必ずしも見出せるとは限らないと思うのです。だから、なかなか難しいのですが、ここでは簡単なヒントを教えていきたいと思います。

 

とにかく競合が少ないジャンルに参入すべき!

アフィリエイトでは、競合が少ないほど稼げるとなっているので、これは1つポイントになります。私が新しく広告プログラムを扱おうかな?と考えるときに、まずやることはその競合度合いを調べるということです。例えば、私は先日マンションの購入や売却を考えている人のための参考サイトの会員登録のプログラムを扱ってみようかな?と考えました。ただ、このプログラムに対して集客をするときの難易度を考えてみました。そのときに行なうのが競合度合いを調べるということです。例えば、「マンション売却」に関連するキーワードをいくつか調べてみたのです。コンバージョン率が高そうなキーワードを実際に検索してみて、Googleで何件ヒットするか?を調べてみたところ、50万件以上ヒットしましたね。これはまあまあ多いほうです。こういうサイトに登録してくれそうな、コンバージョン率が高そうなキーワードは例えば、「マンション売却 時期」とか、「マンション売却 相場」とかですね。そういったキーワードは成果は上がりやすいが、すでに競合が激しいので、なかなか成果に結びつきづらいだろうと判断しました。

 

競合が激しいか?どうかを判断するには、自分でその扱ってみようかな?と思ったプログラムに関する記事を書くときに、特にコンバージョンが望めそうなキーワードを連想、または探してみて、それを検索してみて何件ヒットするか?を考えてみるのです。先ほど言ったように、50万件を越えているとまあまあ競合しているという印象です。10万件以下は少ないかな?という印象です。そんな感じで、競合度合いを判断していければ良いのですが、ヒットする件数が多いからといって、必ずしも成果に結びつきづらいとは言えません。そういう傾向があるというだけですから。中には、競合が激しいキーワードで、検索エンジン上位表示ができていたりもしますからね。たまにあるんですよ。そういうのが。例えば、引越し関連のキーワードはどれも競合しまくりな印象です。だから、成果に結びつける以前に、引越し関連の話題を書いた記事に人を集めること自体がちょっと難しかったりもします。ただ、私も15記事くらい書いてみたのですが、ちょいちょい人は来ますし、引越し見積もりサイトの利用が成果になるプログラムで、ちょいちょい成果も出ているのです。一応、引越し関連のキーワードの中でも、より競合が少なく、かつコンバージョン率が高そうなキーワードを選んではいますけど。ただ、引越し関連の全体で競合がかなり激しいので、競合が少ないと言っても、30万件くらいのキーワードにはなってしまいますから。

 

競合が少ないことは必須ではないが、考えた方が良い

以上のように、私の場合は競合しまくりな引っ越し関連のキーワードでもちょいちょい成果が出ているので、競合しているからといって、そのジャンル、商品が全くダメというわけではありません。ただ、そういうのは成果は出ても、非常に時間がかかったり、非効率だったりするわけです。非効率っていうのは、書いた記事の件数の割に成果が出ないとか、そういうことです。だから、競合しているから稼げないわけではありませんが、成果が出るまで時間がかかったり、思ったより伸びなかったりもするので、その点は考えた方が良いでしょう。アフィリエイトに取り組んでいる方の多くは、時間がかかってしまうと、途中で止めてしまう人も多いみたいですから、そこを我慢できるか?というのは、非常に大きいです。だから、競合が激しいジャンルに参入すると、思うように結果が出なくて、もがき苦しむケースもあると思いますから、それを覚悟でやる場合には構いませんが、早く結果が欲しいのであれば、より競合の少ないジャンルに参入した方が良いのではないか?と思います。参入ジャンル次第では、ポンポンと結果が出始めることもありますからね。

 

アフィリエイトで結果を出したいときに利用すべきASP

アフィリエイトを行なうときには、以上のようなことを考えていくと良いと思いますが、その際に1つオススメしたいのが「アフィリエイトB」というASPです。知らない方もいると思いますし、利用していない方も多いのではないでしょうか?私は以前からアフィリエイトBを利用しているのですが、結構使えるサイトです。アフィリエイトの玄人の方は、ここをメインにしている方もいるくらいのASPになります。ここは初心者の人、まだあまり稼げていない人、これからアフィリエイトを始めるという人にとっては、是非知っておいてほしいASPになります。というのも、ここはコンサルティング業務を請け負ってくれている感じで、アフィリエイターがちゃんと成果をあげられるように指導をしてくれるASPでもあります。自分の運営しているブログやサイトをアフィリエイトBの人間に見せたりして、稼げない原因を教えてくれたり、ここをこうしたら稼げるようになるとかアドバイスをくれたり、この広告を載せたら成果が上がりやすいとアドバイスをしてくれたりと、現在、あまり稼げていないアフィリエイターや、これからアフィリエイトを始めるという方の良い相談相手になってくれるとともに、アドバイザーとして、稼げるアフィリエイターになるように、しっかりと個人指導をしてくれますから、自己流でアフィリエイトをやっているときよりも、成果が出やすくなり、稼ぎやすくなる可能性が高まります。始めたばかりという人、結果が出なくて悩んでいるという人ほど、頼りにすると現状を打開するチャンスになると思います。本気で稼ぎたい方、アフィリエイトを長く続けていくつもりがある方ならば、無料で利用できるので、是非多くの方に知ってもらいたいASPですし、良かったら参考にしてみてください。

話題のアフィリエイトプログラム affiliate B

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

アフィリエイトで成果が出るまでに大切なキーワードの選び方

アフィリエイトで稼げるようになるまでにどういった努力が必要でしょうか?基本的にアフィリエイト

記事を読む

WORDPRESSはSEOに強い!アクセス数集めやすい!

アフィリエイトに精を出している方も多いと思います。副業や専業でやっている方も多いと思いますけ

記事を読む

アフィリエイトの記事等で売り上げが伸びるタイトルのつけ方

アフィリエイトブログや、サイトを運営している、またはこれからしようとしている人もいると思いま

記事を読む

アフィリエイトはどれくらいのアクセスでどれだけ収入になる?

アフィリエイトで稼ぎたい!と思っている人は、まずどれくらいのアクセス数があれば、収入が発生す

記事を読む

アフィリエイトで稼げるキーワード選定とずらし方のコツ

アフィリエイトをやる場合には、SEO対策をするとより効果的とされています。SEO対策といって

記事を読む

アフィリエイトで儲からない理由、原因はすぐ挫折、辞めること

「アフィリエイトは稼げない!儲からない!」と豪語しているサイトもありますが、それはビジネス全

記事を読む

表示速度が高速で、サポートが充実なレンタルサーバー!

私みたいにブログ、特にWordpressを使ってアフィリエイトをしてみたいとか、ホームページ

記事を読む

トレンドアフィリエイトで稼ぐための記事の書き方のコツ

「トレンドアフィリエイト」という言葉があります。これはアフィリエイトの中で、現在進行形で話題

記事を読む

学生、会社員、主婦でも簡単!自己アフィリエイトの稼ぎ方

「自己アフィリエイト」ってご存知ですか?これはアフィリエイトをするときに自分で商品を買ったり

記事を読む

アフィリエイトで成約率を上げる、成約率アップのコツや秘訣

アフィリエイトで成功するには?どうしたら良いでしょう?成功する秘訣というか、成功するというこ

記事を読む

日本アクセスの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

日本アクセスの就職の難易度について気になっている人が多いと思い

日本食研の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はあるのか?

日本食研というと、焼き肉のたれのCMが有名です。最近はそこまで

NTT西日本の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTT西日本グループに就職するにはかなり高い難易度を突破してい

イトーキの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

文具やインテリア、事務機器などのメーカーであるイトーキに就職し

ラウンドワンの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

ラウンドワンに就職したいと考えている人については、まずはその難

→もっと見る

PAGE TOP ↑