アフィリエイトで競合少ない、ニッチな稼げるキーワード

アフィリエイトで競合少ない、ニッチな稼げるキーワード1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

アフィリエイトで成功していくには、あまりにビッグなキーワード、競合の激しいキーワードを攻めていても厳しいです。すでに多くの人が取り組んでいるキーワードには、あまり攻め込む余地がなく、そのキーワードで検索エンジン上位表示は望めないと思うのです。つまり、ある程度競合が激しいくらいならば良いかもしれませんが、誰もがまず思いつくようなキーワードではなく、よりニッチな、競合の少ないキーワードを探して、それを使っていくというのが良いと思います。そういうキーワードをどうやって見つけるか?見つけるための方法や探し方を学んでいかないといけないでしょう。キーワードを選ぶときには、自分で考えたり、関連キーワードを表示してくれるツールなどを使っていると思いますが、その中でどうやってそういうニッチなキーワードを選んでいますか?というか、どれがニッチなキーワードだと分かりますか?ここの判断が正しくできないと、やっぱりアフィリエイトは成功しづらいかもしれません。

 

競合の少ない稼げるキーワードの条件とは?

これは単純な話であって、あるキーワードがニッチなんじゃないか?これは競合が少ないのではないか?と判断したとしましょう。そのキーワードは本当に競合が少ないのか?それは実際に検索してみれば分かります。検索結果に表示されるページの件数を見て、競合がどれほどあるか?見てみましょう。そして、同時に検索結果の1ページ目に出るページもチェックしておきましょう。検索結果に表示されるページ数が10万件未満だと、個人的には競合が少ないと言って良いと思います。50万件未満で普通くらい、それ以上だと競合が激しいと言う感じでしょうか?また、同時に1ページ目に表示されているページも見てほしいと言いました。検索結果の上位表示を目指すということは、現在1ページ目に表示されているこれらのページよりもさらに上にいかないといけないということを意味しています。それはつまりどういうことか?というと、これらのページにあなたの作った記事のページが勝てるか?どうかを見極めないといけないのです。

 

ここで注意してほしいのは、1ページ目に表示されているのが法人のページ、特にある程度の知名度や歴史があるような企業のページの場合、そこに勝つのはかなり厳しいです。ほぼ無理と言っても良いくらいだと思います。逆に勝てる可能性があるのは、個人が作ったページです。無料ブログ、Wordpressやシリウスなどで作ったページであれば、見れば分かると思いますから、そういった個人が作ったページであれば、まだその中に割ってはいる余地があると思います。個人のページでも、多くの被リンクを獲得しているとか、内容が相当充実しているとか、長く検索エンジンの上位表示がされている場合には、そのページに取って代わることは非常に難しいことですが、法人が作ったページよりはまだ可能性はあると思います。1ページ目の検索結果10件のうち、あまりに法人のページが多い場合には、そのキーワードで検索エンジン上位表示は厳しいと思うのです。その場合には、そのキーワードで記事を書いてもそこから人が訪れてくれる可能性はあまり期待できません。ニッチなキーワードにはあまりならないのです。それでも検索結果の2ページ目とかに表示されたとしても、人が全く来ないわけではないので、そのページから稼げる可能性が0ではありませんから、全くやる価値がないキーワードということではありませんから、そこは注意してください。

 

競合数の少ないキーワードから売れるキーワードを探す

ただ、競合数の少ないキーワードを見つけたとしても、そのキーワードから成果が発生するか?は別です。競合数の少ないキーワードは確かに人はたくさん来てくれやすいです。ただ、それがコンバージョン率の高いキーワードであるか?は別です。コンバージョン率の低いキーワードであっ場合、人はたくさんきてくれても、広告をクリックしてくれるだけで、成果には結びつきづらいという性質があり、ほとんど稼げないと言うことになってしまいます。そこで必要なのはニッチだけど、稼げるコンバージョン率の高いキーワードを探すということです。ある程度、競合の少ない、ニッチなキーワードで記事を書いていきますよね。それをどんどん繰り返していくと、成果が発生しやすいキーワードの記事、成果が発生しづらいキーワードの記事がそれぞれ出てくると思います。その中で、いかに売れやすいキーワードを見つけるか?が今後、アフィリエイトで成果をどんどん伸ばしていくときに必要となるコツというか、テクニックになると思うのです。

 

そのときに便利というか、紹介したいと思うのが「アフィリエイトB」というASPで公開しているキーワード計測タグです。こちらが非常にオススメなんです。このキーワード計測タグはアフィリエイトBでしか使えません。これはどういうものか?というと、タグを自分のサイトやブログに設置しておくだけで、そのサイトやブログ内から成果が発生した場合には、その発生した成果が生まれたときに、その成果を発生させた人がなんと言うキーワードで検索してきたか?というのが分かります。これによって2つのメリットがあります。1つは検索キーワードが分かることで、どのキーワードを使った記事から成果が生まれやすいのか?が分かるということです。2つ目は、意図したキーワード以外で検索して自分のサイトやブログにたどり着いた場合というのも普通にあります。その場合に、自分では考え付かなかったが、ニッチでかつ売れやすいキーワードがそこで1つ判明する。というメリットもあるのです。狙ったキーワードで毎回検索して、特定のページに来てくれるとは限りませんから、そういう自分では想いもよらなかったキーワードが競合が少なくて、かつ成果が発生しやすいとなれば、このキーワードでも今度記事を書いていこう!となり、アフィリエイトで少しでも収益を伸ばしていくために、ヒントが1つ増えますね。アフィリエイトBの会員であれば、誰でも無料で利用できるので、キーワード選定に、特にニッチで売れやすいキーワード選定に困っている方、アフィリエイトを今後本気で取り組んでいきたいと思っている方、キーワードをどうやって選んでいけば良いのか?見極めていけば良いのか?分からないという方は、売り上げを伸ばすために非常に便利で使えるツールとなると思いますから、良かったら参考にしてみてください。

話題のアフィリエイトプログラム affiliate B

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

全然人が来ない方がアクセスアップして売上げに繋げる秘訣

アフィリエイトで必要なのはアクセス数と言われています。確かにアクセス数が多いことは有利です。

記事を読む

WORDPRESSはSEOに強い!アクセス数集めやすい!

アフィリエイトに精を出している方も多いと思います。副業や専業でやっている方も多いと思いますけ

記事を読む

アフィリエイト初心者でも稼ぎやすいジャンル選定の方法

アフィリエイトをやるうえで、どのジャンルの広告を貼るか?どのジャンルを攻めていくか?というの

記事を読む

アフィリエイトで儲からない理由、原因はすぐ挫折、辞めること

「アフィリエイトは稼げない!儲からない!」と豪語しているサイトもありますが、それはビジネス全

記事を読む

トレンドアフィリエイトで稼ぐための記事の書き方のコツ

「トレンドアフィリエイト」という言葉があります。これはアフィリエイトの中で、現在進行形で話題

記事を読む

no image

アフィリエイトで稼ぐための参入ジャンル、商品選定のコツは?

アフィリエイトをするときに考えないといけないのがどのジャンルに参入するか?ということです。初めはそう

記事を読む

A8.netを初心者が稼ぐコツとは?意外な方法を教えます!

アフィリエイトをやっている人ならば、多くの人が利用しているのではないでしょうか?「A8.ne

記事を読む

アフィリエイトで稼げるキーワード選定とずらし方のコツ

アフィリエイトをやる場合には、SEO対策をするとより効果的とされています。SEO対策といって

記事を読む

アフィリエイトで成約率を上げる、成約率アップのコツや秘訣

アフィリエイトで成功するには?どうしたら良いでしょう?成功する秘訣というか、成功するというこ

記事を読む

Amazonアソシエイトの審査に通らない、落ちる最大の原因や理由

通販サイトのAmazonはアフィリエイトプログラムとして、「Amazonアソシエイト」をやっ

記事を読む

日本通運の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日本通運は日本の物流業界の中でも特に大きな会社で、こういった会

パイオニアの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

パイオニアと言えは、電気や電子機器、通信機器などのメーカーにな

東急リバブルの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

東急リバブルに就職したいと考えている人は数多くいると思います。

日立製作所の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日立製作所に就職したい人は多くいるでしょう。日立製作所の就職の

ゆうちょ銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ゆうちょ銀行に就職したい人は数多くいるでしょう。安定していると

→もっと見る

PAGE TOP ↑