転職の履歴書は手書きが有利?パソコン作成は不利?

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 転職、再就職のアドバイス

転職の履歴書は手書きが有利?パソコン作成は不利?d333a25de57a3b740f6f2a2fda1d9577_s

転職活動において履歴書を書く場面は多いのではないか?と推測されます。転職活動を始めるときには新卒のとき以来に履歴書を書くという人も多くいると思うのですが、新卒時代は手書きが主流だったと思います。ただ、転職のとき、中途採用時も同様なのでしょうか?それは微妙に違う雰囲気です。新卒時代は企業が明言していたわけではないが、手書きじゃないとマズイといった雰囲気は感じていたと思うし、実際手書きで書いていた人が多いと思います。ただ、転職活動の場合にはそういう雰囲気はあまりない。パソコンで作って提出するというケースも別に珍しくないのです。どうしてそういう差が生まれるのか?は分からないが、転職と新卒の履歴書作成においては、何らかの差異があると見て良いと思います。

 

転職の場合は手書きである必要性は薄い?

新卒は基本的にその人の潜在的な能力や人柄といったものを重視して、将来的にうちの企業で活躍してくれそうか?うちの企業に合うか?という点を見ているケースが多いように思います。そうなると、履歴書からもそういった部分を見ている可能性も高く、よく言われている文字から人柄などを見ようとする企業も多く、手書きの方が都合が良いというのはあるかもしれないです。ただ、転職の場合には、人柄を全く見ないわけではないですが、どちらかというと能力や経験重視で、確実にこの人はうちに利益をもたらしてくれるか?そういった面が見られていそうです。つまり、履歴書で人柄を見ようという動機は少なく、逆にパソコンで履歴書が作れないと思われると、その能力の部分を疑われかねない。イマドキ履歴書をまだ手書きで書いているのか!?と思われたら採用は遠のきます。

 

ただ、全ての企業がそういう風に見ているわけではないです。採用活動っていうのは、多くが非合理的な要素によって決まります。面接官のフィーリングによって決まる部分も大きいので、いくら手書きの履歴書よりもパソコン作成の履歴書の方が合理性があったとしても、手書きの履歴書が好きな人が面接官ならば、そちらが有利になってしまうことはあります。だから、傾向としては、転職の場合には手書きの履歴書は有利にならない可能性の方が高いのでは?と思われますが、企業によりけりの部分もあるということです。問題はそれをどうやって見分けるか?ということですが、これは難しいですね。1つ基準をあげると、最近の企業、IT企業とか、創立からまだそんなに時間が経ってないような企業の場合には、割とパソコン印刷の履歴書に寛容だと思います。逆に昔からある企業、伝統的な企業ほど手書きの履歴書にこだわりを見せているところが多い印象です。なかなか難しいですけどね。どちらが正しいか?というのはありませんし、どちらで作っても、それで合否に直接影響する可能性は少ないとは思います。履歴書は選考のときに使うツールであって、選考の対象になるそのものではないですからね。履歴書を作る手段ではなく、中身が大切なわけですから。あなたの価値観がどっち寄りか?手書きか?パソコン印刷か?どちらか近いほうの履歴書を作って、出していけば、あなたの価値観に合った企業から内定が貰えて、入社後にも価値観の相違なく働けるケースが多いのではないでしょうか?

 

これから転職活動をしていくにあたって、是非知っておいてほしいのが「マイナビエージェント」です。ここは転職エージェントサイトの中では、やはり最大手で、利用者数も多いですし、サービスが物凄く手厚いのが特徴です。ここは無料で登録できて、マイナビエージェント内で希望の求人を探して、そこからエントリーすることも可能ですし、マイナビエージェント所属のキャリアコンサルタントに希望の条件や将来の考えなどを伝えて、非公開求人を含めた希望の求人を紹介してもらうことも可能です。このキャリアコンサルタントの役割が非常に重要で、普段からいろいろな企業と付き合いがあるので、オススメする求人について質問されればなんでも答えてくれます。しかも、普段から深い付き合いを長くしていますから、実際に入ってみないと分からないような会社の雰囲気、今後の将来性や成長性、残業時間、給料、育児休暇取得率などのかなり詳しい内情なども答えてくれます。これらは企業の人に直接聞きづらいですけど、間に入っているキャリアコンサルタントならば聞きやすいですよね。そして、丁寧に答えてくれますから、転職後の失敗やミスマッチを防いでくれる効果があります!そして、応募する企業が決まれば、書類選考のための書類についてキャリアコンサルタントがチェックして問題ないか?どうか添削をしてくれます。それによって書類選考通過率も上がるでしょう。また、推薦状も併せて送ってくれます。これは企業が面接をするにあたって、それだけじゃ分からないような、キャリアコンサルタント目線からの求職者の長所や魅力などをまとめたもので、普段から付き合いのあるキャリアコンサルタントが記したものであれば、当然参考にしてくれるでしょうし、選考においては有利になる可能性があります。

 

そして、いざ面接となれば、その前にマイナビエージェントで面接対策を受けられます。多くの人が苦手にしているのが、面接ですよね。間違いないと思います。転職活動で面接がない会社はありません。転職=面接といっても良いかもしれません。したがって、面接ができれば受かるが、できないと受からないという非常に分かりやすい状況になっているのです。苦手な人は、そもそも面接を練習する場もなければ、教えてくれる人もいないので、苦手な人は苦手なまま面接に挑み、撃沈する人もいます。苦手だと自負している人ほどマイナビエージェントの面接対策は有効に働いてくれるでしょう。ここではキャリアコンサルタントが模擬面接などを通して、実践的な指導をして、本番の面接で通用する実力やマナーなどを伝授していきます。苦手だと自分自身で感じている人ほど、キャリアコンサルタントの丁寧な指導により、上達する余地が大きいわけですから、そういう人ほど利用する価値はあると思います。また、過去の面接でどういうことを聞かれたか?という情報も教えてくれるので、かなり有効な面接対策になるでしょう。練習する機会、教えてくれる専門家、そして必要な情報全てが手に入り、面接突破に向けて、力になってくれるのがマイナビエージェントなのです。面接の日にちの調整なども代行してくれますし、これまで紹介したサービスが全て無料で受けられますから、本気で内定が欲しい方、転職活動を成功させたい方は、良かったら参考にしてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

ブラック企業を避けるための転職の求人を見つけ方のコツとは?

転職をするときに求人を当然探さないと応募ができないので、まずは求人探しに奔走すると思います。

記事を読む

転職でもOB訪問はすべき?した方が有利になる?

転職活動をする場合において、OB訪問ってやった方が良いのでしょうか?というか、そもそも転職で

記事を読む

転職サイトはどこがいい?今、特に話題のサイトがあります!

転職活動をするときに恐らく多くの方々は転職求人サイトに登録をされるでしょう。そして、それを利

記事を読む

異業種や未経験の業界に転職するには?簡単な方法を紹介

転職活動で、それまで務めていた業種ではなく、別の業種で仕事をしてみたいと思っている方もいるの

記事を読む

転職で辞める時期は?いつ伝える?ベストなタイミングは?

転職をしていて、辞めるタイミングっていつ伝えたら良いのでしょうか?これは在職しながら転職をす

記事を読む

転職後に転勤したくない!転勤なしの求人を見つける方法

転勤を出来るだけしたくない!でも、転職はしたい!と思っている方も多いですよね。転職をして、よ

記事を読む

何度も転職を繰り返すと年収が下がる?逆に上がるパターンも

転職をすると年収が下がると、一部言われていることもありますけど、本当にそうでしょうか?勿論、

記事を読む

転職でエージェントは受かりやすい?使った方が良い?

転職活動をしていても、なかなか決まらなくて焦りを感じている人とかもいるのではないでしょうか?

記事を読む

転職で面接が苦手で内定が出ない、もらえない人へのヒント

転職活動を頑張ってはいるが、思うようにいかないケースは多々あると思います。上手くいかなくて当

記事を読む

転職で信憑性ある企業の口コミや評判の調べ方は?どうやって調べる?

転職活動をするときには絶対に企業選びで失敗したくないですよね。それは企業選びで失敗をすると、

記事を読む

日本通運の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日本通運は日本の物流業界の中でも特に大きな会社で、こういった会

パイオニアの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

パイオニアと言えは、電気や電子機器、通信機器などのメーカーにな

東急リバブルの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

東急リバブルに就職したいと考えている人は数多くいると思います。

日立製作所の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

日立製作所に就職したい人は多くいるでしょう。日立製作所の就職の

ゆうちょ銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無と激務という評判はある?

ゆうちょ銀行に就職したい人は数多くいるでしょう。安定していると

→もっと見る

PAGE TOP ↑