パルシステムは食費や費用が安い!安全性も高い!メリット大きい!

公開日: : 最終更新日:2015/06/02 その他の話題

パルシステムは食費や費用が安い!安全性も高い!メリット大きい!cdf07d3a3b12587a9840ef441fd0c630_s

食材宅配サービスを利用して、毎日非常に助かっているという夫婦は多いみたいですね。メリットがかなり大きいのだそうです。そして、中でも支持を集めているのが「生協の宅配パルシステム」になります。ここは食材宅配サービス最大手の会社で、非常に利用者も多く、または満足度も高いという特徴があります。家にいながら簡単にネットや注文用紙で注文可能で、指定して時間に届けてくれる。家にいなくても玄関先に保冷剤などを使って、新鮮なまま置いていってくれますから本当に便利です。そういったパルシステムで満足度が高い、評判が良い理由というのは、どういったことが理由なのでしょうか?食材宅配は、家にいながら注文した商品が届けられるという、非常に便利な面もありますが、それはどの業者でも同じなわけですから、他に何か理由がありますよね。パルシステムだからこそ受けられる恩恵というのがあるはずで、それによって多くの利用者を満足させている現状があると思います。パルシステムをまだ利用していない方、これから利用してみようと考えている方には是非知っておいてもらいたいと思います。

 

費用が安い、食費がかかりづらい

これはやはり食材宅配サービスの会社の中でもやはり費用面でこだわるならば、パルシステムは非常にオススメなんです。それは産地直送を徹底しているので、お金がかかりづらいです。通常、モノを買うときには、生産地からいろいろな経由地を経て、最終的にスーパーなどの店頭に並んだものを私たちは購入しています。それが当たり前の日常になっていて、あまり気にしないと思いますが、経由地が多ければ多いほど、最終的な価格にそこでかかっている諸費用がプラスされているので、値段が上がりやすいのです。つまり、私たちが日頃スーパー等で購入している品は、生産地と小売店の間に入っている部分を取り除くことが出来れば、もっともっと安くなるということです。それを実際にやってのけたのがパルシステムの産地直送なのです。産地から間に挟まずに皆さんのご家庭にお届けするので、価格自体がやはり安くなっているのです。詳しい商品の価格が知りたい場合には、カタログを請求すると知ることができます。

 

各種検査により、安全性が非常に高い

パルシステムでは、やはり毎日皆さんが食べる食材についての安全性については、非常に厳しくチェックしています。安全性という話題では、やはり放射能の影響などがあげられると思います。スーパーで食材を購入する際にも産地を気にされている方は多いのではないか?と思います。当分、放射能による影響を気にしないといけない日が続くと思いますが、パルシステムの安全性はどうなっているか?というのは非常に気になるところではないでしょうか?パルシステムでは、独自の厳しいガイドラインを設けて、基準を設定しています。それはホームページにも載っているのですが、国が定めている放射能の安全基準よりもさらに厳しく設定されているのです。だから、これ以上にない放射能の数値しか検出されていないものしか私たちは口にしないということになります。そして、検査の方法や検査結果はホームページや情報誌で皆さんにお伝えしており、基準値以下であったとしても、それに満足せずにさらに数値を下げられるように努力していく姿勢を見せています。

 

また、農薬などについても生産地の農家と協力し合いながら出来る限り削減していって、より安全を確保できるように努めています。農薬についての知識があまりない農家もいますから、そういった人たちを集めて講習会を開いたり、研修を行ったりするなど、取り組みには余念がありません。他には農薬残留検査や裁判管理などを徹底して、農薬による影響を完全に排除した商品をお届けするように努めているのです。また、より利用者の皆さんに安心してもらえるために、皆さんの食卓へお届けする食材を生産している農家をホームページ等で顔写真つきで公開しています。したがって、安全じゃない食品をお届けしたらえらいことになります。それだけ自分たちの生産している食材は安心して食べられるという自信があるのではないでしょうか?こういった取り組みは、利用する方々を安心させてくれる材料になると思いますね。

 

利用者の声がパルシステムを変える!?

そして、他の業者とかではあまり浸透していないと思われる点が1つあって、それは実際に利用している方々の声が今後のパルシステムの取り組みに反映されやすいという点です。それはどういうことか?というと、分かりやすい例でいうと、「商品づくりコミュニティ」などのコーナーというか、そういったものがあって、実際にパルシステムを利用されている方の要望など、こういう商品を提供して欲しい!と言った声が反映されて、実際に商品化されたケースというのがあるのです。また、パルシステムで販売されている商品を利用して、こんな料理を作ってみた!というレシピがアプリ等で公開されており、利用者同士で交流したり、アイデアを提供しあったりという、なかなか面白い取り組みもあるんですよね。主婦の方にとっては献立を考えるときの参考になったりと非常に便利な面も多いでしょう。パルシステムからの一方向からではなく、利用している消費者からもパルシステムに向けて働きかける。双方向による取り組みが、より今後の方向性を決めて、より良い会社へと導いていける。パルシステムという会社を作るのは、パルシステムの従業員だけではなく、それにかかわるみんなだということです。従業員、利用者がともに協力して会社を築き上げていく、理想の会社にしていくという取り組みは、やはりパルシステムを選ぶ魅力になるでしょうし、大きなメリットにもなるでしょう。パルシステムの詳細については、ここでは全部は取り上げられないので一部を紹介しましたが、より詳しい情報はホームページをご覧になったり、無料で資料請求もできますから、それらを利用するとよりパルシステムのさらなる魅力が理解できるのではないでしょうか?資料請求、カタログ請求をすると、パルシステムが一体どんな商品を販売しているのか?値段はいくらなのか?といった各ご家庭にとって気になる部分についても知ることが出来ますよ。

インターネットで注文できる生協の宅配パルシステム
▲ただいま生協組合員募集中です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

京都文教大学の偏差値や難易度と評判は?倍率や合格最低点の情報について

京都にある私立大学としてはちょっと変わった学部のみを揃えているのが京都文教大学になります。こ

記事を読む

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いのか?そのおおまかな部分を知りた

記事を読む

専修大学の英語、国語、選択科目の難易度や傾向と対策、勉強法

専修大学は関東地方の中堅大学として、多くの受験生に人気です。知名度もありますし、日東駒専レベ

記事を読む

成蹊大学の全学部統一E方式の受験科目は2科目!難易度や倍率はどうか?過去問は売っている?

成蹊大学では全学部入試がスタートしており、そのことが大学のホームページにも載っています。全学

記事を読む

明治大学の学部の序列や順位、ランキングの比較はどうか?看板学部はどれ?

明治大学は多くの受験生に人気で、受験者も多くなってきており、難易度も徐々に上がってきていると

記事を読む

社会人の腕時計の選び方は何色?値段の相場や平均、おすすめブランドは?

社会人になると、身だしなみと称して、身につけないといけないアイテムが非常に多くなります。大学

記事を読む

駒澤大学の偏差値は普通、合格最低点から受かりやすい学部は?

東京都の駒澤大学駅、または桜新町駅から通うことができる駒澤大学に入りたいと思っている方も多い

記事を読む

日本の少子化の原因は女性の社会進出!当たり前だが解決策はない

女性の社会進出が進んだから少子化になった!論は以前からある。これは正しいとする見方もあれば、

記事を読む

上智大学の入試の合格最低点とボーダーは何割?倍率は高くない

東京の私立大学では、超有名大学になる上智大学ですが、ここは非常に難易度が高いです。早慶に匹敵する大学

記事を読む

医学部の面接での志望動機が思いつかない!嘘でも良いのか?考え方や書き方の例

大学の医学部を目指す受験生は、面接試験があって、そこで志望動機などを聞かれる可能性があります

記事を読む

NTTドコモの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

NTTドコモの就職における難易度は非常に高いという想像ができる

横浜銀行の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

横浜銀行の就職の難易度はどうなっているのか?銀行はいつの時代も

任天堂の就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

任天堂というと、今は完全にゲームの会社というイメージではありま

タマホームの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判は?

タマホームというと、不動産業界においてかなり知名度がある会社に

マツダの就職の難易度や倍率は?学歴フィルターの有無や激務という評判はある?

自動車会社として有名なマツダはかなりの大手企業で、ここに就職を

→もっと見る

PAGE TOP ↑