公募推薦は受かりにくい?受かる確率は?向いている人の特徴と受かる気がしない場合の対策

公開日: : その他の話題

公募推薦は受かりにくい?受かる確率は?向いている人の特徴と受かる気がしない場合の対策 – Retire in their 20s

公募推薦は受かる確率はどれくらいか?という点が気になる人が多いと思います。公募推薦の場合には、絶対に受かる状況とは言い難い面があります。指定校推薦は校内選考を通れば、ほぼ合格と言える状況ですけど、公募推薦の場合には大学ごとの出願条件を満たして、学校から推薦をもらったとしても、受かるか?どうかは分かりません。だからこそ、公募推薦の受かる確率が知りたいのでしょう。公募推薦の場合には倍率が大学ごとに異なります。したがって、それによって受かる確率は違うのです。公募推薦は受かりにくい面もあり、有名大学であれば倍率は結構高くなるケースもあり、そういったときには本当に受かりにくいでしょう。でも、公募推薦は向いている人という部分があります。つまり、向き不向きによっても受かる確率は変わるので、そこは認識しておきましょう。

 

公募推薦の受かる確率は受験する大学ごとに違う

公募推薦の受かる確率に関しては、倍率によって左右される面があります。したがって、そこを気にする必要があるのです。倍率は基本的に有名大学ほど高くなり、そうじゃない大学ほど低くなる傾向にあります。だから、偏差値の高い難関大学を受けるときには、公募推薦は受かりにくいと言えるわけです。でも、逆にほぼ合格と言えるようなケースもあると言えます。だから、公募推薦の受かる確率は自分が受験する大学のレベルによって変わるということです。実際、過去の倍率などを見て、非常に高い状況があったときには、公募推薦は受かる気がしないという感覚になる可能性もあります。倍率は本当に大学ごと、さらに言えば学部ごとにも違いがあるでしょうから、公募推薦では倍率は非常に高くなっている場合もありえるのです。公募推薦は受かる気がしないと感じるほどに高い倍率のところも中にはあるかもしれません。公募推薦は受かりにくいところもあれば、受かりやすいところもあるという認識がまず必要でしょう。

 

公募推薦に向いている人に関しては受かる確率は上がる

でも、これは倍率をもとにした客観的な公募推薦の受かる確率であり、個別の事情は考慮していません。現実的には個別の事情によって、公募推薦農家る確率は変わります。要するに公募推薦に向いている人であれば、受かる確率は上がるということです。でも、向いていない人の場合には、公募推薦は受かりにくいと感じられる、受かる気がしないと思えてくる場合もあるはずです。つまり、公募推薦に向いている人はどんな特徴を持っているのか?ここに関して知っておく必要があると言えるでしょう。公募推薦の場合には、一般入試とは違い、学力試験を重視しているわけではありません。評定平均の基準があるので、学校での勉強はある程度頑張らないといけませんが。公募推薦の仕組みとして、評定平均の基準をクリアして、学校から推薦をもらうという部分が必要です。だから、学力もある程度は見られているものの、面接試験やプレゼンテーション、小論文などの試験が課されることが多いでしょう。プレゼンテーションは公募推薦ではややマイナーかもしれませんが。つまり、学力以外の部分で合否を左右する要素がいくつかあり、こういった部分に長けている人は受かりやすいでしょう。ただ、全員が長けているわけではないので、公募推薦では受かりにくいと言える人も存在することになります。向いている人はこういった試験が得意な人とも言えるわけです。

 

公募推薦では面接試験はだいたいあるはずですから、面接試験の得意不得意は重要です。面接は得意な人が一部でいる一方で、苦手な人が多いでしょう。したがって、ここは受かる確率を大きく左右するポイントになります。面接が得意であれば、公募推薦に向いている人と評価できます。面接だけで決まるわけではないものの、面接が得意な人は一気に有利になるはずです。だから、面接が苦手な人はそれだけ公募推薦が受かりにくいと言えます。でも、面接が苦手であっても、練習をすることで上達する面はあります。苦手な状態から得意な状態になるのは難しいかもしれませんけど、苦手意識が消えるくらいの状態であれば可能とも言えるはずです。基本的に面接が苦手なままだと、合格するのは難しいです。公募推薦に受かりにくい状態のまま挑むのは厳しいので、しっかりと面接の練習をしてほしいと思います。そういった努力をすることで、公募推薦の受かる確率は少しずつ上がっていくはずですから。面接が苦手な人は、まさに公募推薦で受かる気がしない状況だと思うので、本番まで練習を徹底してほしいです。

 

そして、自分をアピールするのが上手い人も受かりやすいです。ここも公募推薦に向いている人の特徴になります。これは面接試験にも共通しますが、他の試験でも同様です。プレゼンテーションや小論文がある場合でも、自分をよく見せることができる人は受かりやすいです。プレゼンテーションはもちろんですけど、小論文においても自分という人柄をよく見せることができるケースがあります。字の綺麗さや文章の優しさなどが確認できれば、当然ながら印象はよくなります。だからこそ、どういった試験であっても、自分をよく見せることができる、そういう部分に長けている人は、公募推薦に向いている人になります。公募推薦で受かる気がしないと感じていれば、そういったところを重視してほしいです。どういう試験においても、目指すべきは自分をよく見せることです。そこを意識して試験に臨んでほしいと思います。公募推薦は倍率が高い場合もあります。したがって、どうしても公募推薦は受かりにくいケースもあるわけですが、受かるためには何が必要か?を考えていくと、自然と受かる確率が上がっていくと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

東京大学と東工大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

東京大学と東京工業大学はどっちが上でしょうか?どちらも非常に有名な国立大学となっていますけど

記事を読む

清泉女子大学の偏差値のレベルは日東駒専くらい?受かるには難易度は高くないが

女子大というと、いろいろな大学が思い浮かびますけど、関東では名が通っているのが清泉女子大学に

記事を読む

駒沢女子大学の偏差値や難易度は?評判や倍率とボーダーラインなどについて

駒沢女子大学というのは女子大の中ではどれくらい知名度があるか?は分かりませんが、人気は高いと

記事を読む

医学部の受験に数学がなぜいるのか?必要性はあるの?いらないという意見もあるが

医学部を受験する際にはいろいろな理系科目を勉強することになりますが、その中で数学が課されるこ

記事を読む

学習院女子大学のキャンパスの雰囲気や評判、口コミと就職支援や就職実績

学習院女子大学は女子大の中では特に人気で、評判も高い大学と言えますが、その学生生活の面に関し

記事を読む

法政大学第二高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

法政大学第二高校は神奈川県川崎市中原区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅はJR南武線、東

記事を読む

東京工芸大学の偏差値や難易度と評判は?倍率とボーダーラインの情報

東京工芸大学というのは工学部と芸術学部が一緒になった大学で、非常に珍しい大学と言えると思うの

記事を読む

安田学園高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

安田学園高校は東京都墨田区にある男子共学の私立高校です。最寄り駅は都営大江戸線の両国駅で、徒

記事を読む

慶應義塾大学の学部のランキングや序列は?偏差値やレベルや就職で順位づけしてみた

慶應義塾大学の文系の学部はいくつかあるわけですが、それらを偏差値や難易度でランキングをしたら

記事を読む

お茶の水女子大学の偏差値のレベルは?センターの足きりのボーダーや難易度で入りやすい学部はある?

女子大に通ってみたいと考えているが、どこがいいのか?よく分からない人もいるでしょうか。女子大

記事を読む

秀明八千代高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

秀明八千代高校は千葉県八千代市にある男女共学の私立高校です。最

都立戸山高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立戸山高校は東京都新宿区にある男女共学の公立高校です。最寄り

神奈川県立川崎北高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立川崎北高校は神奈川県川崎市宮前区にある男女共学の公立

獨協埼玉高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

獨協埼玉高校は埼玉県越谷市にある男女共学の私立高校です。最寄り

常磐大学高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

常磐大学高校は茨城県水戸市にある男女共学の私立高校です。最寄り

→もっと見る

PAGE TOP ↑