オープンキャンパスには何年生から行くべき?何回行けば良い?

公開日: : その他の話題

オープンキャンパスには何年生から行くべき?何回行けば良い?f8346e3facf17e8e7cd23fc0124439d1_s

夏休みの高校生のイベントといえば、オープンキャンパスですよね!振り返ってみると、私も何度か行きましたよ。2年生のときと3年生のときですね。2年生のときには成城大学に、3年生のときには早稲田大学に行きました。2年のときは自分から友達を誘って行ったのですが、3年生ときには友達の付き合いで行ったという感じでした。したがって、成城大学には割と興味はありましたが、早稲田大学のほうは興味なかったですね。結局、どちらも受験はしませんでしたけどね(笑)オープンキャンパスは3年生に行くのが1番多いのかな?という気はしますけど、1年生や2年生から行くという例もあるでしょうね。私も2年生から行きましたし。あと、何回くらい行けば良いのか?ということも考えているかもしれませんね。

 

オープンキャンパスは何年生から行くべきか?

私は何年生からでも良いと思いますよ。というか、別に行きたいという気持ちもないのに、無理に行く必要はないと思っています。自分が行きたいと思えたときに、行きたい大学のオープンキャンパスに行けば良いでしょう。逆に行きたいと思えていない段階で行っても、そのオープンキャンパスは楽しめないと思うし、行く意味なども薄れてしまうと思うのです。だから、オープンキャンパスは、そういう目的意識を持てた段階で行けば良いし、持てないならば別にいかなくても良いと思います。早くから受験の意識を持っていることは良いことですし、できるだけ早くから受験勉強を始められるに越したことはありませんから、1年や2年でオープンキャンパスに参加したいと思えたならば、行くことの意味はあると思いますよ。

 

オープンキャンパスに行って、その大学の様子を見て、ああ!ここ凄い憧れる!とか、そういうモチベーションを上げる作用があれば、その後の勉強にも身が入りやすい、あの大学に受かるために勉強してやる!と意気込めるかもしれませんからね。そういう意味では、受験生じゃなくてもオープンキャンパスに行く意味は大きいし、3年生じゃくても受験を意識した勉強が出来ると大きいです。私の場合は、2年生から行きましたが、結局受験勉強を真面目に始めたのは3年生からです。私はオープンキャンパスになんとなく行ってしまった組なので、あまり効果がなかったのです。私みたいに特別行きたいわけじゃないけど、なんとなく行ってみるか?くらいの気持ちの人は、行っても変化はないかもしれません。

 

オープンキャンパスには何回行けば良いのか?

オープンキャンパスは日程も結構ズレていたりするので、何個も行けます。私は2年生のときに1回、3年生のときに1回で、合計2回です。これもすでに述べたように、目的意識を持って、行ってみたいと思えた場合に行く前提ですけど、その場合には行きたいと思える大学の数だけ行ってみれば良いのではないでしょうか?日程がズレている限り、いくつでも参加できますから。受験生の場合は、勉強もしていかないといけないので、あまり多くの数行くと、勉強にちょっと支障が出てしまう恐れもありますけど、1年生や2年生の場合は、部活などをやっていなければ結構暇ですよね。私も部活やってなかったので、暇でしたよ。部活をやっていても、オープンキャンパスに行く時間はあると思いますから、暇な時間を見つけて、行きたいだけ行ってみましょう。

 

オープンキャンパスよりも普段の授業を見た方が有意義?

オープンキャンパス自体も、そりゃ楽しい雰囲気の中、お祭りみたいな雰囲気の中で、大学のキャンパスの中を見学できるわけですから、それはそれで意味はあるでしょうけど、どうせならば普段の授業の方が、その大学の真の姿、普段の姿を見ることができます。実際に通うことになれば、そのときに感じる雰囲気というのは、オープンキャンパスのときじゃなくて、普段の授業のときの雰囲気の方が近いです。「オープンキャンパスに行かないは正解?実はあまり意味ない」の記事でもご紹介しましたが、普段の授業のときに大学に潜入することは可能ですし、授業を見てみることも可能です。オープンキャンパスもそうですけど、大学について深く知りたい場合には、そういう手段もあるということは是非覚えておいてください。オープンキャンパスは人が非常に多くて、特に有名大学は高校生がたくさん来ますから、あまり余裕を持って見られない可能性もあります。平日とか、土日でもいいんですけど、普段の日に潜入すると、学食も余裕を持って食べられたり、大学のキャンパスの中の至るところを、静かにゆっくりと見学できたりと、結構便利だと思いますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

医学部の学生は忙しいから遊べない?頭いいイメージで憧れる人も多いが実態は?

医学の学生というのはかなり忙しいというイメージの人が多いかもしれません。理系全般は文系と比べ

記事を読む

國學院大學の滑り止めはどこがいい?日東駒専でも専修大学と駒澤大学ならOKか?併願でおすすめなのは?

國學院大學は文学部の偏差値がやや抜けている感じですが、それ以外の学部の偏差値も近年上昇傾向か

記事を読む

なんのために大学に行く?勉強のためなら大学に行く意味や理由、必要性はない

大学はなんのために行くのでしょうか?勉強をするため?そう思いこんでいる人がいますね。しかし、

記事を読む

当たり前ではない親の介護で仕事ができない、結婚できない、殺意が沸く、安楽死の合法化が迫られる社会

親の介護をしたくないと考えている人もすでにいるかもしれないし、今はそういったことを考えていな

記事を読む

獨協大学の偏差値、難易度は割と高いが倍率が低く受かりやすい

埼玉県にある大学で獨協大学があります。詳しくない方はそもそも何て読むのか?分からない人もいる

記事を読む

年賀状を出さない、メールで済ますは非常識!←理由は感情論

年賀状を出す人って、どれくらいいるのでしょうか?私なんかずーっと出してないですよ。かれこれ1

記事を読む

女子大の就職率は高い?女子大は就職に不利ではない!強い、有利な理由とは?

女子大ってどういうイメージでしょうか?共学の大学に通う学生がとても多いので、そちらが普通みた

記事を読む

今年の流行は?ムートンブーツの選び方!色選びや丈の長さで迷う方へ

冬になると、ムートンブーツを履く人が増えますね。ムートンブーツは男性はほとんど履いているのは

記事を読む

no image

Fランの大学は就職率や内定率低い、ブラックしかないは嘘?メリットもある

Fランの大学は就職しづらいなんてことがよく言われていますが、それはどうでしょうかね?一概にそうとは言

記事を読む

早稲田大学法学部の偏差値や難易度はトップクラス!評判も実績も高い

早稲田大学では、やはり看板学部としては政治経済学部が偏差値でも、知名度でもトップに君臨してい

記事を読む

目白大学の偏差値や難易度は?入試科目や倍率とボーダーラインはどうなっている?

東京都の新宿などにキャンパスがある目白大学は立地が良いために、

中村学園大学の偏差値や難易度と倍率は?評判やボーダーラインと入試科目、配点について

中村学園大学は九州地方の名門女子大です。中村学園大学は全国的に

no image
不動産業界の就職の難易度や倍率は低い?激務できつい評判が特徴か?

就活をしている人は不動産業界にも関心を持っているかもしれません

大阪府立大学や大阪市立大学は学歴フィルターの影響は?関東と関西で違う?

関西の有名な公立大学として大阪府立大学と大阪市立大学があります

平成国際大学の偏差値や難易度と評判は?倍率やボーダーラインは高いのか?

平成国際大学というのはどちらかというと、スポーツで有名な大学と

→もっと見る

PAGE TOP ↑