神戸大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い

公開日: : その他の話題

神戸大と名古屋大のレベルはどっちが上で頭いい?イメージや雰囲気の比較と就職の違い – Retire in their 20s

神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルはどっちが上か?そういった点が気になっている人もいるでしょう。神戸大学は関西地域の有名国立大学で、名古屋大学は旧帝大に属する大学であるため、ともに非常に難易度は高いでしょうし、頭いいというイメージもあるでしょう。ただ、実際に神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルの比較をしたら、どっちが難しいと言えるのか?に関して調べていきたいと思います。また、両者のイメージや雰囲気の違いもチェックしていきます。そういった部分を考慮したうえで、神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?に関して考えていくといいのです。

 

神戸大学と名古屋大学の学部ごとの偏差値の違いは?

神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルの違いをチェックして、どっちが上か?を考えていきますが、今回は河合塾の偏差値を使用していきます。まずは文学部からです。神戸大学が62.5~67.5で、名古屋大学が62.5となっています。文学部は神戸大学の方が難易度が高い状況です。次は法学部ですけど、神戸大学が62.5で、名古屋大学が60.0です。法学部についても神戸大学の方がレベルは高くなっています。さらに経済学部はどうか?というと、神戸大学が62.5~65.0で、名古屋大学が60.0です。経済学部は割と大きな差で、神戸大学の方が偏差値は上です。文系の比較に関してはこういった状況となっています。比較できる学部は多くありませんが、神戸大学と名古屋大学の文系学部における比較をしたら、全体的には神戸大学の方がレベルは高いと言えます。文系学部について、どっちが上か?というと、神戸大学という結論になりそうです。

 

あとは理系についても比較をしていきたいと思います。まずは理学部ですが、神戸大学が55.0~65.0で、名古屋大学が57.5です。理学部に関しては、神戸大学の方が難易度が高いと評価できるはずです。次は工学部ですけど、神戸大学が57.5~65.0で、名古屋大学が60.0です。工学部についても神戸大学の方が偏差値は高いと言えそうです。そして、農学部はどうか?と言えば、神戸大学が57.5~62.5で、名古屋大学が55.0~57.5です。農学部も神戸大学の方がレベルは高い状況でしょう。最後に医学部ですけど、神戸大学が55.0~67.5で、名古屋大学が52.5~67.5です。医学部に関しても、微々たる差ではありますが、神戸大学の方が難しいと言えると思います。こうして見ると、理系学部に関しても神戸大学の方が上と言えるのではないか?と思います。神戸大学と名古屋大学はどっちが上か?と言えば、偏差値やレベルの違いを見ると、こういう結果になるのでしょう。神戸大学の方がやや頭いいと評価できるかもしれません。しかし、両者のイメージや雰囲気の違いという点もチェックしておいてほしいです。そのうえで神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?を判断していくといいと思います。

 

神戸大学と名古屋大学のイメージや雰囲気の違いは?

神戸大学と名古屋大学のイメージや雰囲気の違いをチェックしていきたいと思いますが、両者のキャンパスの立地条件について特に見ていきましょう。神戸大学は兵庫県神戸市にあり、いずれの学部も神戸市内にキャンパスがあります。したがって、県内ではかなり都会的な雰囲気を感じやすい、国際的な場所で学ぶことになります。一方の名古屋大学に関しては、愛知県名古屋市にキャンパスが存在しています。いずれの学部もここで学ぶことになるので、神戸大学同様に割と都会的な場所で就学ができると言えるでしょう。神戸大学と名古屋大学に関しては、キャンパスの場所はもちろん違いますが、雰囲気的には似ている面は大いにあると思います。どちらも都会的な場所で学べるため、あとは神戸と名古屋の好みの違いという点になってしまいます。神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?に関しては、キャンパスの立地条件などを含めて考えるといいと思うものの、差はあまり感じづらいと思います。

 

神戸大学と名古屋大学では就職の違いはある?

神戸大学と名古屋大学において、就職に関する違いはあるのでしょうか?兵庫県内、愛知県内であればそれぞれの大学が評価されやすくなる可能性はあります。しかし、全国的な傾向ではどうなのか?という点は重要です。神戸大学と名古屋大学の偏差値やレベルをチェックすると、文系と理系ともに神戸大学の方がやや難易度は上と言える可能性があります。しかし、名古屋大学は旧帝大であり、世間一般では国公立大学のトップクラスと位置付けられています。つまり、実態としては神戸大学の方が難しいかもしれませんが、世間のイメージとしては名古屋大学の方が上という状況と思われるのです。でも、問題は人事がどういう評価をするか?でしょう。この2つの大学に関していえば、評価それ自体はほとんど変わらない可能性があります。神戸大学と名古屋大学は世間一般ではともに頭いいと言える学歴です。偏差値やレベルでいえば、神戸大学の方が多少なりとも高いとしても、旧帝大のブランドは非常に強いのです。両者ともに評価されるべきポイントを有しているがゆえに、評価はあまり変わらないというのが予想です。就職において、神戸大学と名古屋大学はどっちがいいか?については、どちらを選んでも結果に大きな影響を与えることは考えづらいと思います。就職はそもそも大学名よりも個人の資質の方が大切ですし、面接でどのくらい評価されるのか?が最終的には大きく関係しますから。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

お茶の水女子大学の滑り止めはどこがいい?MARCHや津田塾か?併願のおすすめは?

お茶の水女子大学は難関国立大学として有名ですけど、そのお茶の水女子大学を受ける場合の滑り止め

記事を読む

日本大学商学部の偏差値や倍率は高い?評判やボーダーラインはどうなっているのか?

日本大学商学部に入りたい受験生も多くいるかもしれませんが、日本大学商学部の難易度はどれくらい

記事を読む

日本史の出題傾向はどこからどこまで?よく出る時代は?どの時代から勉強すると良い?

大学受験で日本史を選ぶ人はどこからやって、どこまでやれば良いのか?そのおおまかな部分を知りた

記事を読む

同志社大学法学部の偏差値は60前後?難易度は倍率で見ると低い!評判は高い

同志社大学法学部は、関西地方では非常に有名で名門とも言えると思います。京都大学法学部や大阪大

記事を読む

若者の車離れは言い訳じゃない!必要ないから!税金や維持費がかかりすぎ

若者はたいてい車を買いません。車を買えないのか?買わないのか?は分かりませんが、車離れが起き

記事を読む

神奈川、玉川、東京経済、文教、武蔵野大学は学歴フィルターは関係ある?影響する?

就活をするときには学歴フィルターというものが1つ重要になってきますが、学歴フィルターのボーダ

記事を読む

芝浦工業大学の偏差値はMARCHに迫る!難易度や入試科目は多様な大学

東京の芝浦にあるのが芝浦工業大学です。ここは理系のみの専門的な大学として受験生の間では知られ

記事を読む

貯蓄ゼロの割合が3割から一気に5割に!?貯蓄なしで老後は?結婚できない人が増加?

単身者における貯蓄ゼロという世帯が一気に増えているというニュースがあったのですが、衝撃的でし

記事を読む

国産でも産地直送で値段も安い!食材宅配はパルシステム

家族の食材を用意するときに非常に便利なのが食材宅配です。わざわざスーパーなどに買いに行かなく

記事を読む

神奈川県立相模原高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立相模原高校は神奈川県相模原市中央区にある男女共学の公立高校です。最寄り駅はJR相模

記事を読む

都立田園調布高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

都立田園調布高校は東京都大田区にある男女共学の公立高校です。最

日本大学第二高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

日本大学第二高校は東京都杉並区にある男女共学の私立高校です。最

神奈川県立平塚江南高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

神奈川県立平塚江南高校は神奈川県平塚市にある男女共学の公立高校

湘南学院高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

湘南学院高校は神奈川県横須賀市にある男女共学の私立高校です。最

駒込高校の偏差値や倍率などのレベルは?進学実績や評判、口コミはどんな感じ?

駒込高校は東京都文京区にある男女共学の私立高校です。最寄り駅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑